便通の改善には「ヘルスエイド ビフィーナEX」がおすすめ

\今回紹介する「ヘルスエイドビフィーナEX」はこちら( ‘ω’)/


乳酸菌やビフィズス菌(ロンガム種BB536)などは便通改善のために重要な有用菌として働きます。

乳酸菌やビフィズス菌(ロンガム種BB536)と言えば、ヨーグルトなどの発酵食品から摂取するのが定番でしたが最近では乳酸菌やビフィズス菌(ロンガム種BB536)を配合したサプリメントが数多く登場しています。

今回はその中でも人気の高い森下仁丹の「ヘルスエイド ビフィーナEX」をご紹介します。
食の欧米化や、ストレスの多い日本では排便に悩む人が多いと言われています。そんな排便に効果的だと評判なサプリが「ヘルスエイド ビフィーナEX」です。便通改善に役立つポイントを紹介していきます。

 

【「ヘルスエイド ビフィーナEX」】便通改善のポイントは?

お腹の調子が崩れる原因はいろいろありますが、その1つに「有用菌と悪玉菌のバランス」が考えられます。
食生活が偏ったり、ストレスが溜まったりすると有用菌が減り、悪玉菌の方が増えてしまいます。このように腸内で悪玉菌が増えすぎると腸内環境の悪化を引き起こしてしまいます。

つまり、便通を改善するには下剤や食物繊維が豊富な食べ物を摂取する方法があります。

しかし、これは腸内の便を強制的に排泄する方法で、腸内環境が改善されたわけではないので、またお腹の調子が崩れてしまいます。本当の意味での便通改善は腸内環境を整えることであると言えます。その方法は「有用菌を増やすこと」ということになります。

有用菌としてよく知られているものが「ビフィズス菌(ロンガム種BB536)」です。ビフィズス菌(ロンガム種BB536)を多く含んでいる食品で有名なものは「ヨーグルト」ですね。しかし、ヨーグルトを大量に食べるにも限界がある上、ヨーグルトを食べてもビフィズス菌(ロンガム種BB536)が腸内で正常に働くとは言えないことを知っていますか?例えば、ビフィズス菌(ロンガム種BB536)は酸に弱い菌としても有名です。口から摂取し、腸にたどり着くまでの間、胃酸によって大量のビフィズス菌(ロンガム種BB536)が死滅します。その生存率は「0.00007%以下」と言われています。
これではいくらヨーグルトを食べても、目的である腸内にビフィズス菌(ロンガム種BB536)を届けるということが叶わないからです。

 

【「ヘルスエイド ビフィーナEX」】おすすめの6つのポイント

つまり、いかにして生きたままのビフィズス菌(ロンガム種BB536)を腸まで届けられるかということがポイントになるわけですが、そこでおすすめするのが「ヘルスエイド ビフィーナEX」というわけなんです。
そんな「ヘルスエイド ビフィーナEX」のおすすめポイントを3つ紹介します。

  1. 豊富なビフィズス菌(ロンガム種BB536)
  2. ハイパープロテクトカプセル
  3. 最強の組み合わせ
  4. 価格が安い
  5. 生きて腸まで届く
  6. 「ビフィーナ」シリーズ売上乳酸菌健康食品部門で21年連続シェアNO.1 ※1 という実績

 

※1 出典:富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧 1998~2018」
機能志向食品編整腸効果乳酸菌メーカーシェア(1996~2016年実績)
ビフィーナRシリーズ全体での売り上げ(旧商品も含む)」

 

豊富なビフィズス菌(ロンガム種BB536)の「ヘルスエイド ビフィーナEX」

「ヘルスエイド ビフィーナEX」は飲みやすい顆粒状でスティックに収められています。その1袋あたりのビフィズス菌(ロンガム種BB536)はなんと「100億個」、さらに乳酸菌が「10億個」も含まれているのです。
一般的なヨーグルトは1個(80g)あたり20億個のビフィズス菌(ロンガム種BB536)を含んでいると言われています。

これを見ても、「ヘルスエイド ビフィーナEX」に含まれるビフィズス菌(ロンガム種BB536)の数がいかに多いかということが分かるはずです。

「ヘルスエイド ビフィーナEX」はハイパープロテクトカプセル

これは「ヘルスエイド ビフィーナEX」で利用されているビフィズス菌(ロンガム種BB536)のコーティング方法です。
この方法により、胃酸の中でもビフィズス菌(ロンガム種BB536)が死滅せずに済むのです。自然に任せると、腸内にいきたままたどり着く確率は「0.00007%以下」と言われていますが、ハイパープロテクトカプセルに包まれたSでは腸内に生きたままたどり着く確率は「90%以上」と言われています。

最強の組み合わせは「ヘルスエイド ビフィーナEX」

ビフィズス菌(ロンガム種BB536)だけでも十分有用菌を増やしたと言えますが、有用菌は他にもいくつか種類があります。そして、いくら有用菌といえども、相性というものがあるのです。

「ヘルスエイド ビフィーナEX」は、そんなビフィズス菌(ロンガム種BB536)と相性の良い有用菌が含まれています。さらに、これら有用菌の他にも「オリゴ糖」も含まれているのです。

価格が安い「ヘルスエイド ビフィーナEX」は継続しやすいサプリメント

「ヘルスエイド ビフィーEX」は1袋にビフィズス菌(ロンガム種BB536)100億個と乳酸菌10億個が凝縮して配合されたサプリメント。これだけの量を食品から摂取しようとすると非常に大変ですよね。しかし「ヘルスエイド ビフィーナEX」であれば1日1袋飲めばOKなので手軽さも魅力的です。また「ヘルスエイド ビフィーナEX」は価格面においてもリーズナブルで購入しやすいというメリットがあります。

1箱60袋(60日分)で7344円になりますので、1日当たり約122円。さらに定期おとどけ便で申し込みをすればいつでも20%オフの5875円の値段で購入できるので1日あたりの値段は98円と非常に安くなりますよ。これだけ安いサプリメントであれば継続してリピートできますね。

乳酸菌やビフィズス菌(ロンガム種BB536)が生きた状態で腸まで届く「ヘルスエイド ビフィーナEX」

「ヘルスエイド ビフィーナEX」の特徴の1つとして乳酸菌やビフィズス菌(ロンガム種BB536)が生きた状態のまま腸にまで届けられるという点があります。乳酸菌やビフィズス菌(ロンガム種BB536)は酸や温度の影響を受けやすく、食品から摂取すると胃や小腸を通過する時にそのほとんどが死滅してしまうということが多くありました。しかし「ヘルスエイド ビフィーナEX」ではダブル被膜の耐酸性のカプセルを開発し、ビフィズス菌(ロンガム種BB536)や乳酸菌を生きた状態で腸にまで届けることに成功しました。

通常の生存率は0.00007%以下と言われていますが、「ヘルスエイド ビフィーナEX」の生存率は90 %にも及ぶのです。またビフィズス菌(ロンガム種BB536)と乳酸菌以外に、ビフィズス菌(ロンガム種BB536)のエサとなるオリゴ糖も一緒に配合していることにより、高い効果が期待できますよ。

「ビフィーナ」シリーズ売上乳酸菌健康食品市場21年連続シェアNo.1※

「ヘルスエイド ビフィーナEX」は発売以来18年連続、乳酸菌サプリメントの「ビフィーナ」シリーズ売上乳酸菌健康食品市場21年連続シェアNo.1※ を誇っています。森下仁丹は伝統ある会社ですので品質的にも安心ですし、安全性も高いので継続的に飲むサプリメントとして「ヘルスエイド ビフィーナEX」はおすすめですよ。

「※1 出典:富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧 1998~2018」
機能志向食品編整腸効果乳酸菌メーカーシェア(1996~2016年実績)
ビフィーナRシリーズ全体での売り上げ(旧商品も含む)」

 

【「ヘルスエイド ビフィーナEX」】の効果のまとめ

いかがでしたか?「ヘルスエイド ビフィーナEX」は単にビフィズス菌(ロンガム種BB536)を多く含んだというだけでなく、いかにして生きたまま腸内に届けるかを徹底的に追究したサプリです。
乳酸菌健康食品としてはNo.1を守り続けていることにも納得ですね。この生きたままの有用菌が便通改善してくれると評判です。
なんども便秘を繰り返して悩んでいる方は、ぜひ一度「ヘルスエイド ビフィーナEX」をお試しください。

25last

 

 

あわせて読みたい

コメント