【保存】「ヘルスエイドビフィーナsパール」で便通改善!効果の違いなどQ&Aで説明

「ヘルスエイド ビフィーナS」パール森下仁丹から出ている大人気ビフィズス菌(ロンガム種BB536)サプリ、ヘルスエイドビフィーナ®シリーズ。

その中で、唯一顆粒タイプではなくカプセルタイプになっているのが「ヘルスエイドビフィーナS」(スーパー)パール」という商品です。

ほかのシリーズ商品と成分や効果に違いはあるのか、また最安値で買えるサイトはどこか、などについての情報をお伝えしていきます!

「ヘルスエイドビフィーナSパール」の基本情報

ヘルスエイドビフィーナ®シリーズは、1993年から発売されているビフィズス菌(ロンガム種BB536)サプリですが、「ヘルスエイドビフィーナSパール」は2014年に発売開始された、比較的新しい商品です。

従来のシリーズ商品と比べて、以下のような点に違いがあります。

顆粒が苦手な方でも安心のカプセルタイプ

「ヘルスエイドビフィーナSパール」は、シリーズ中唯一のカプセルタイプです。

ほかのシリーズ商品が、スティック状の個別包装に入った顆粒タイプになっているのに対し、「ヘルスエイドビフィーナSパール」はガラス瓶にまとめて入っています。

カプセルタイプといっても形状は丸いため、錠剤に近い感じです。また非常に硬く、簡単に噛み砕けないようになっています(噛まずにそのまま飲むサプリです)。

顆粒タイプはスッと水に溶けるのがいいところなのですが、人によっては苦手ということもあるでしょう。そのような方には、「ヘルスエイドビフィーナSパール」がオススメです!

オリゴ糖が配合されていない

ヘルスエイドビフィーナ®シリーズの商品には、ビフィズス菌(ロンガム種BB536)や乳酸菌のほかにオリゴ糖も配合されています。

オリゴ糖は自然界に存在する天然の甘味料で、砂糖より甘味が少なく低カロリーだとしてダイエッターに人気ですが、同時に「腸内の有用菌を増やす」というはたらきもあります。人の消化酵素で分解されないオリゴ糖は、小腸で吸収されることなく大腸へ運ばれて、そこでビフィズス菌(ロンガム種BB536)をはじめとする有用菌のエサになるからです。

このようなはたらきから、オリゴ糖は多くのビフィズス菌(ロンガム種BB536)サプリに含まれているのですが、人によっては体質に合わないことがあります。その場合、お腹がゆるくなったり、ガスがたまったりすることがあるようです。特に牛乳を飲むとお腹を壊してしまう「乳糖不耐症」の人は、オリゴ糖でお腹がゆるくなるリスクが高いといわれています。

また、単純に「オリゴ糖の味が苦手」という人も少なくありません。ヘルスエイドビフィーナ®シリーズの顆粒を見ると、ビフィズス菌(ロンガム種BB536)の入った黄色いカプセルと、乳酸菌が入った白いカプセルのほかに、白く細長い粉末がたくさんありますが、これがオリゴ糖です。中には、この味が苦手で顆粒タイプが飲みにくいと感じる人もいます。

そのような人々からの要望を受け、「ヘルスエイドビフィーナSパール」ではオリゴ糖が完全カットされていますので、オリゴ糖が体質に合わない人でも安心して摂取できます!

「ヘルスエイドビフィーナSパール」の効果はSと同じ?

「オリゴ糖が含まれていなくて、形状がカプセルタイプになっているのはわかったけれど、それ以外で「ヘルスエイドビフィーナS」と違うところはあるの?」と疑問に思う方もいらっしゃると思います。

「ヘルスエイドビフィーナS」と「ヘルスエイドビフィーナSパール」の基本情報を見てみましょう。

「ヘルスエイドビフィーナS」 「ヘルスエイドビフィーナSパール」
ビフィズス菌(ロンガム種BB536)の配合量 50億個 50億個
1袋あたりの栄養成分 1袋(1.4g)当たり
エネルギー:5.1kcal
たんぱく質:0.16g
脂質:0.41g
炭水化物:0.84g
食塩相当量:0.0012g
2粒あたり
エネルギー:2.2kcal
たんぱく質:0.066g
脂質:0.20g
炭水化物:0.048g
食塩相当量:0.0010g
価格(単品購入時) 30日分:3856円
→初回購入時のみ2980円(23%OFF)60日分:7344円
→初回購入時のみ5875円(20%OFF)
30日分:3856円
→初回購入時のみ3084円
60日分:7344円
→初回購入時のみ5875円
価格(定期おとどけ便) 30日分:3084円60日分:5875円 30日分:1987円60日分:5875円

まずビフィズス菌(ロンガム種BB536)の数ですが、「ヘルスエイドビフィーナS」には1袋あたり50億個が含まれているのに対し、「ヘルスエイドビフィーナSパール」には1粒に25億個含まれています。これを1日2粒摂取しますので、どちらも同量のビフィズス菌(ロンガム種BB536)をとることができます。

栄養成分も大きく変わりませんが、オリゴ糖が含まれていない分、「ヘルスエイドビフィーナSパール」のほうがエネルギーや炭水化物などが少なめです。

また、「ヘルスエイドビフィーナS」では直径2.5mmの複数のカプセルの中にビフィズス菌(ロンガム種BB536)が入っていますが、「ヘルスエイドビフィーナSパール」では直径6.5mmの1つのカプセルの中にまとめて入っています。カプセルは、どちらも森下仁丹独自の「ハイパープロテクトカプセル」ですので、胃酸や熱にやられずビフィズス菌(ロンガム種BB536)を腸まで届けることが可能です。

以上のことから、両者に効果の違いはなく、単純に「どちらが飲みやすいか」だけで選んでかまわない、ということがわかります。価格も一緒ですので、顆粒タイプやオリゴ糖が苦手な方は安心して「ヘルスエイドビフィーナSパール」を選んでください!

 

 

「ヘルスエイドビフィーナSパール」の口コミ

「ヘルスエイドビフィーナパール」は顆粒状のものよりも割高です

「ヘルスエイドビフィーナパール」を飲み始めて一年になる40代の女性です。
ここ数年で排便回数が減ってきたので乳酸菌でお腹の調子を整えたいと思ったので毎日飲むようにしています。

最初は顆粒状を購入していたのですが、より飲みやすい粒状の「ヘルスエイドビフィーナパール」に変えて継続中です。
パールのほうが顆粒状タイプよりかなり割高な感じがしています。
もう少しお手頃な価格にしてほしいです。

顆粒タイプが苦手という方に「ヘルスエイド・ビフィーナ パール」

29歳女性
近所のドラッグストアに新製品として置いてあったので購入しました。
パールという名前の通り丸い粒型のサプリメントとなっておりとても飲みやすいサプリメントです。

効き目は「ヘルスエイドビフィーナR」と同程度の印象です。
この商品は他の「ヘルスエイドビフィーナ」商品のような、顆粒タイプのサプリメントが苦手という方に特におすすめできるサプリメントです。
顆粒タイプでは口内に後味が残りやすいのですが、この商品はそういうことはありませんでした。

「ヘルスエイドビフィーナパール」の注意点

40歳の独身男性で1ヶ月ぐらい便通がない状態が続いていたのでビフィズス菌(ロンガム種BB536)を摂取する事が出来る「ヘルスエイドビフィーナパール」を飲み始めました。

粒状になっているので水と一緒に飲むだけで手軽だと思いましたが、一週間後にお腹の調子が良くない状態が続くようになってしまいました。

「ヘルスエイドビフィーナパール」は排便回数が減り気味の時に飲むと下してしまうかもしれないので注意しなければいけないと思いました。

「ヘルスエイドビフィーナパール」はコスパが悪いです

排便回数が減ってきている45歳女性です。
かれこれ半年以上「ヘルスエイドビフィーナパール」で便通解消対策をしています。

飲みやすいパールの形の小粒錠で気に入っていますが二個では50億個のビフィズス菌(ロンガム種BB536)にしかならないので便通にしっかり効果が期待できないような気がしています。
なので1日に朝と夜に二個ずつ飲んで100億個のビフィズス菌(ロンガム種BB536)を摂取しています。

これで排便回数が増えてありがたいのですが、この方法で飲んでいるとひと瓶が1ヶ月しかもたないのでコスパが悪過ぎます。
ビフィズス菌(ロンガム種BB536)100億タイプの「ヘルスエイドビフィーナパールEX」のパール錠も作って欲しいです。

飲みやすい「ヘルスエイドビフィーナパール」

40歳、女性です。
女性に多い便通問題ですが、私も時々悩んできました。

「ヘルスエイドビフィーナパール」を飲んでいると、1週間くらいすると、お腹の調子が整ってきた実感が・・
お腹が張っていることも多かったけど、毎朝すっきり起きられます。

「ヘルスエイドビフィーナパール」は1日に2粒でいいし、錠剤タイプなので飲みやすい点がいいと思っています。

「ヘルスエイドビフィーナパール」を飲んだ体験

40代女性です。
お腹の健康のために「ヘルスエイドビフィーナパール」を飲み続けています。

顆粒状のビフィーナを上手に飲むのが苦手だったので錠剤のビフィーナパールにしてみました。
これですと小さな錠剤なので楽に飲めるので助かります。

今のところは、排便の回数も随分増え良くなってきました。

「ヘルスエイドビフィーナパール」を飲んでみた率直な感想

三十代の男性です。
ここ半年ほどお腹がゆるくなったり張ったりとあまり調子がよくなかったので便通などに効果が期待できるというこちらの商品を購入してみました。

正直な感想を述べると期待していたほどの効能は見込めませんでした。
お腹の張りは少し改善されたかな?という感じですが便通に関しては緩いままです1錠1錠意外と大きいので私のようなあまり大きな薬を飲み込むのが苦手な人には合わないと思いました。

とても小さくて飲みやすいのが魅力的

「ヘルスエイドビフィーナパール」は名前の通り、錠剤がパールのようにとても小さくて、粒を飲むのが苦手な私でも無味無臭で飲みやすかったです。

ビフィズス菌(ロンガム種BB536)や乳酸菌などの成分が多く配合されていることもあり、また容器に関しても1か月分タイプに関しても手のひらサイズで持ち運びに便利でした。

胃酸に強くて腸まで届く!

私は28歳女です。
私は便通を整えて、排便をきちんとしたいのでヨーグルトを飲んだり野菜を摂ったりしましたがなかなか続きませんでした。

なので「ヘルスエイドビフィーナパール」を飲むようになりました。

それからは徐々にお腹の調子も良くなり、ヨーグルトのようにお腹が痛くなったり野菜も少し摂れば良くなったので助かってます。
野菜が苦手だったり乳製品が苦手な方にも楽にビフィズス菌(ロンガム種BB536)が摂取できるのでとてもお勧めです。

毎朝すっきり快調!

私は38歳の男性です。
若い頃は毎日便通がありましたが、30台後半になると、排便回数が減りがちになり、たまに出る便もカチカチ。

排便がないことによって時々、冷や汗や吐き気に悩まされる事がありました。

そんな時、「ヘルスエイドビフィーナパール」の存在を知りました。
生きたままビフィズス菌(ロンガム種BB536)を腸に届け、それにより排便回数を増やすというもので、今の私にぴったりの商品だと思い、すぐに購入しました。

飲みやすさと、続けやすさで今では腸内環境は誰にも負けません。
歳とともに減って行くビフィズス菌(ロンガム種BB536)。
若い時は排便がないなんてことはなかったのに、歳をとってから排便が減ったという方に是非オススメです。

「ヘルスエイドビフィーナパール」の効果と感想

私は便通に悩まされる23歳の男性です。
今回、口コミで評判が良いとされていた「ヘルスエイドビフィーナパール」を初回限定お試し価格で体験してみました!

率直な感想としては、「初回60日分ではさほど効果は感じられない」ということです。
効果に個人差はあるのかもしれませんが、私はほんの少しだけ便通が良くなったかもしれないと感じる程度で、あまり効果を感じることができませんでした。

悪い評価になってしまった理由としましては、効果に対して値段が高すぎる点にあります。
初回限定で定期購入したとしても1個あたり5,875円という価格は少々値が張るといっても過言ではないでしょう。

この金額よりも安価で効果があると口コミで言われている便通改善の薬は他にも存在するします。
以上のことから、「ヘルスエイドビフィーナパール」は「お買い損」な便通改善薬であるといえるでしょう。

便通が解消出来たのは「ヘルスエイドビフィーナパール」のお陰
私は20代の間ずっと便通に悩んでいたのですが、30歳を迎えた今年ついにその便通問題とお別れすることが出来ました。
見た目はよくある錠剤タイプの整腸剤なのですが、この「ヘルスエイドビフィーナパール」のポイントは、特殊な技術により生きたままのビフィズス菌(ロンガム種BB536)を腸に届けられるというところです。その効果はとても高く、服用を始めてから徐々に排便回数が増え、服用から1ヶ月が経とうとしている今は、腸内環境が整った実感もあります。今後も「ヘルスエイドビフィーナパール」で、便通問題知らずの健康体を維持していきたいと思っています。

飲みやすい乳酸菌サプリの「ヘルスエイドビフィーナパール」

以前は「ヘルスエイドビフィーナs」という顆粒状の乳酸菌を飲んでいたのですがちょと飲みにくくて苦手だったので粒状の「ヘルスエイドビフィーナパール」に乗り換えました。

1日にたった2粒飲むだけで必要量の乳酸菌をしっかり腸に届けてくれるので毎日楽に続けられています。

今後も乳酸菌習慣をお腹のためにも継続していきたいです。

「ヘルスエイドビフィーナパール」は飲みやすくて続けやすいのがメリットでしょう

乳酸菌はとても大事ですが忙しいので健康食品で摂りたいなと思っていました。
そこで見つけたのが森下仁丹の「ヘルスエイドビフィーナパール」でした。

こちらは顆粒タイプではなくパールっぽい丸い形状となっているのが特徴であり、顆粒が苦手な自分としてはとても飲みやすくて便利でした。

40代間近の男ですが脂っこいものが好きであり、少しでもカラダや腸内環境を整えてる実感が持てるもが嬉しいですね。
男性でも飲みやすいのでおすすめです。

 

疑問を解消!「ヘルスエイドビフィーナSパール」のQ&A

ここでは、「ヘルスエイドビフィーナSパール」について気になる質問を集めてみました。

効果以外の点で、「ヘルスエイドビフィーナS」との違いは何かある?

「ヘルスエイドビフィーナSパール」は、サプリとしての効果も価格も「ヘルスエイドビフィーナS」と変わりませんが、唯一異なる点があるとすれば「容器」や「形状」です。

顆粒タイプの「ヘルスエイドビフィーナS」は、スティック状の個別包装に入っていますので持ち運びに便利ですが、「ヘルスエイドビフィーナSパール」はまとめてビンに入っているため、ビンごと持ち運ぶか、必要な分だけをピルケースなどに移す必要があります。

また、どちらが飲みやすいかは個人差が大きいようです。「ヘルスエイドビフィーナS」は顆粒タイプなので水にすぐ溶けますが、「ヘルスエイドビフィーナSパール」は少し大きめのカプセルタイプなので、人によっては少し飲みにくいと感じるかもしれません。

ただ、顆粒タイプが苦手な人には「ヘルスエイドビフィーナパール」のほうが飲みやすいでしょう。

 

返金保証はありますか?

残念ながら、ヘルスエイドビフィーナ®シリーズには返金保証の制度がありません。

体質に合うかどうか不安な方は、まず30日分から始めて様子を見ることをおすすめします。初回購入時に限り、特別価格が適用されますのでお得です!「ヘルスエイドビフィーナSパール」30日分なら、通常価格3,856円のところ初回のみ3,084円(20%OFF)で購入できます。

初めての人は、Sよりパールのほうがいいですか?

上でもお伝えしたように、「ヘルスエイドビフィーナS」とSパールのおもな違いは「形状」と「オリゴ糖の有無」だけですので、あとは好みで選べばいいということになります。

ただし、特にこだわりがないのであれば「ヘルスエイドビフィーナS」から始めるのがオススメです。顆粒タイプのほうがヨーグルト味がついていますし、水にスッと溶けるため飲みやすいと感じる人が多いと思います。

「ヘルスエイドビフィーナSパール」は、基本的に「顆粒やオリゴ糖が苦手な人」に向いている商品です。

どのサイトで買うのが一番お得なの?

「ヘルスエイドビフィーナSパール」は、複数のサイトで買うことができます。

ここでは、森下仁丹の公式オンラインショップ・楽天市場(森下仁丹楽天市場店)・Yahoo!ショッピング(森下仁丹ONLINE SHOPヤフーショッピング支店)・Amazon(森下仁丹のショップ)の4サイトでの価格を比較してみました。

森下仁丹公式 楽天 Yahoo! Amazon
30日分 3,856円
→初回3,084円
3,856円
→初回3,470円
3,856円
→クーポン利用で3,656円
なし
60日分 7,344円
→初回5,875円
7,344円
→初回6,609円
7,344円
→クーポン利用で7,144円
7,344円

定期おとどけ便価格

30日分 3,084円 3,470 なし なし
60日分 5,875円 6,609円 なし なし

送料

・1回の注文で5,000円(税込)以上は送料無料。5,000円未満は一律360円。
・ 定期おとどけ便はいつでも送料無料。
・ 初回お試しは5,000円未満でも送料無料。 1回の注文で5,000円(税込)以上は送料無料。5,000円未満は一律360円。 すべて無料
枠内の記事本文

※2017年9月3日現在
※価格はすべて税込み

上記を見ますと、もっともお得に「ヘルスエイドビフィーナSパール」を購入できるのは、森下仁丹の公式ショップであることがわかります。特に割安なのは定期おとどけ便で、常に20%OFFの価格で購入が可能です!

さらに、定期おとどけ便で1回3個以上を届けてもらう場合は23%OFFとなります。継続的に「ヘルスエイドビフィーナSパール」を使いたい方は、「60日分を3個注文」して180日分を一気にGETし(22,032円→16,964円)、これを半年に1度のペースで繰り返すことをオススメします♪

 

まとめ

シリーズ中、唯一のカプセルタイプである「ヘルスエイドビフィーナSパール」」をご紹介しました。

この商品は、「顆粒が苦手」「オリゴ糖が苦手」というユーザーからの声に応える形で開発されたものです。特にこうした問題がないのであれば、基本的には顆粒タイプの「ヘルスエイドビフィーナS」から始めるのがオススメですが、顆粒やオリゴ糖が苦手な方はぜひ「ヘルスエイドビフィーナSパール」を試してみましょう!

含まれるビフィズス菌(ロンガム種BB536)の数や、期待できる効果、価格などはいずれも「ヘルスエイドビフィーナS」と変わりありませんので、安心して始めてみてくださいね。

あわせて読みたい

コメント