乳酸菌サプリメント ヘルスエイドビフィーナSが口コミで大人気の秘密は? » 乳酸菌サプリ » ヘルスエイドビフィーナはいつ飲むの?タイミングは食後?寝る前?

ヘルスエイドビフィーナはいつ飲むの?タイミングは食後?寝る前?

サプリメントは医薬品と違い、基本的にはいつ飲んでも特に大きな問題はありません。

しかし、どうせ飲むならサプリメントの効果を最大限に得るためにも、やはり飲むタイミングにはこだわりたいところですよね。

\購入なら公式サイトがおすすめ/

25middle

ヘルスエイドビフィーナSも、説明書きには「1日1包を目安に」としか書かれていませんが、実際はオススメのタイミングがいくつかありますので、ここでご紹介していきたいと思います♪

ヘルスエイドビフィーナSはいつ飲むのがいい?

ヘルスエイドビフィーナSのパッケージには、飲み方の説明として「1日1包を目安に、水などと一緒に噛まずにお召し上がりください」とだけ書かれています。ユーザーとしては「それだけ?食前とか食後とかないの?」と疑問に思ってしまうのですが、実はサプリメントは医薬品のように明確な用法・用量を記載することが法律で禁止されているのです。

ヘルスエイドビフィーナSも、消費者庁に届け出がされた「機能性表示食品」ではありますが、あくまで食品ですので、摂取するタイミングや量を細かく指示することはできません。そうしてしまうと、ユーザーに医薬品のような効能を期待させてしまうから、というのが理由です。

「1日1包を目安に」というあいまいな表現にとどめられているのは、そのような事情があるからなのですね。逆にいうと、ヘルスエイドビフィーナSは基本的にどのタイミングで飲んでも大きな問題はない、ということでもあります。

\国内で初めて機能性表示食品として認められたビフィズス菌(ロンガム種)サプリ!/

25middle

 

ヘルスエイドビフィーナが認められた「機能性表示食品」とは?

機能性表示食品とは、事業者の責任において科学的根拠にもとづいた機能性を表示できる食品のことです。2015年4月から、新しい制度としてスタートしました。

それまで、機能性を表示できる食品は「特定保健用食品(トクホ)」と「栄養機能食品」の2つに限られていたのですが、トクホは数々の試験をおこなって国の認可を受ける必要がありますし、栄養機能食品も国の定める厳しい基準を満たす必要があります。

一方、国民の健康意識は高まり続け、巷には数多くのサプリメントが販売されるようになりました。そこで、より消費者が目的に合った商品を選べるよう、新しく整備されたのが機能性表示食品の制度なのです。

機能性表示食品は個別の認可を受ける必要はありませんが、機能性についての科学的な根拠や、それをもたらす成分などについて消費者庁に届け出をする必要があります。それが受理されて、初めて機能性表示食品として販売できるようになります。

ヘルスエイドビフィーナシリーズは、ビフィズス菌(ロンガム種)サプリとしては日本で初めて機能性表示食品として販売された商品です。機能性にかかわる成分は「ビフィズス菌(ロンガム種)(ロンガム種BB536)」で、機能性は「腸内フローラを良好にし、便通を改善する機能があることが報告されています」となっています。

 

実際に試して効果のあった飲むタイミングは?

ヘルスエイドビフィーナSには「このタイミングで飲みなさい」という決まりはありませんが、実際に多くの人が試して効果のあったタイミングというのはあります。それは「食後」もしくは「就寝前」です!

ヘルスエイドビフィーナを食後に試した場合の効果

ヘルスエイドビフィーナSは、「食後に飲むと効果的」という口コミが多くみられます。これはただの偶然ではなく、きちんとした根拠があると考えられます。それは、「もともとビフィズス菌(ロンガム種)や乳酸菌は胃酸に弱い」ということです。これらの有用菌は確かに腸管でいいはたらきをしてくれるのですが、酸性の環境には弱いため、胃酸と混ざると多くが死滅してしまいます。

これを防ぐために、ヘルスエイドビフィーナSでは胃酸から菌を守る特殊なカプセル(ハイパープロテクトカプセル)が使われています。実際、このカプセルに入ったビフィズス菌(ロンガム種)を人工胃液に入れたところ、なんと90%近くが生き残ったという研究結果が出ているほどです。

ビフィーナ

 

とはいえ、できるだけ胃酸に触れないに越したことはありませんので、食事によって胃酸が薄まっている食後に飲んだほうが、ビフィズス菌(ロンガム種)をうまく腸まで届けられる可能性が高まります。実際、「食後に飲むようにしたら、明らかに効果が上がった!」という人も少なくないようです。

ヘルスエイドビフィーナを寝る前に試した場合の効果

夜寝る前にヘルスエイドビフィーナSを飲むと調子がいい、という人も多くいます。これは、腸内の細菌がもっとも活発にはたらく時間帯が「夜10時~2時まで」であることが一因だと思われます。この時間帯は、お肌のターンオーバーがおこなわれる「美容のゴールデンタイム」としても知られていますが、同時に腸でも細菌たちが活発に活動し、有用菌が優勢になるチャンスでもあるのです。

 

そのため、就寝前にヘルスエイドビフィーナSでビフィズス菌(ロンガム種)を補ってあげると、寝ている間にどんどんはたらき、腸内フローラを良好にしてくれる効果が期待できる、というわけですね!寝る前にヘルスエイドビフィーナSを飲んでいる人からは、「朝スムーズに排便できるようになった!」という声が寄せられています。

 

このように、ヘルスエイドビフィーナSを飲むタイミングとしては「食後」もしくは「就寝前」がオススメです。とはいえ、人によってベストのタイミングは違いますので、最初のうちは色々ためしてみて、自分に一番合った時間帯を見つけるのもいいと思います。

飲み忘れを防ぐためにも、ベストタイミングを見つけたら、その後はなるべくずっと同じタイミングで摂取するようにしましょう!

bofina_14

\ヘルスエイドビフィーナの詳細をチェック!/

25middle

 

ヘルスエイドビフィーナを飲むタイミングでの注意点

その他、ヘルスエイドビフィーナSを飲むタイミングについての注意点をいくつか挙げてみたいと思います。

食前や空腹時はなるべく避ける!

上でもご説明したように、ビフィズス菌(ロンガム種)や乳酸菌は胃酸に弱い性質を持ちます。胃に何も食べ物が入っていない状態の時は、どうしても胃酸が濃くなりますので、ヘルスエイドビフィーナSを飲むなら、なるべく食前や空腹時を避けたほうが無難です。

ただし、「何がなんでも空腹時はダメ!」というわけではありません。ヘルスエイドビフィーナSに使われているカプセルは、胃酸の中でも90%近くの菌が生き残れるほど優れた代物ですから、もし飲み忘れに気づいた場合は空腹時であっても摂取してOKです。普段は、なるべく胃酸の薄まった食後に飲んだほうがいい、ということですね!

タイミングよりも「毎日摂取すること」が大切!

ヘルスエイドビフィーナSを飲む上でもっとも大切なのは、実はタイミングではなく「毎日続けること」です。

どんなにいいビフィズス菌(ロンガム種)を摂取しても、およそ3日~7日で腸から排出されるといわれています。腸内フローラを安定して良好な状態に保つためには、ヘルスエイドビフィーナSを毎日続けて飲むことが一番重要です。

人を対象とした試験では、飲み始めて2週間が経過するころから便通に関する改善効果を確認できる人が多い、という結果が出ています。ですから、少なくとも2週間以上は毎日飲むようにしましょう。

また、「水や白湯で噛まずに飲む」という基本の飲み方を守ることも大切です。噛んでしまうと、せっかくビフィズス菌(ロンガム種)や乳酸菌を守ってくれているカプセルが壊れてしまいますし、水や白湯以外の飲み物で飲むと、サプリメントの吸収に何らかの影響が出る可能性があります。摂取のしかたを守って毎日継続すれば、日によって多少飲むタイミングがズレることがあっても、それほど大きな影響は出ないはずです!

 

\ヘルスエイドビフィーナで便通改善を試してみる!/

25middle

 

さらに効果的なヘルスエイドビフィーナを飲む前の食事がポイント

ヘルスエイドビフィーナSの効果をさらに高めるためには、普段の食事にも気を付けてみましょう。

特に食後に飲む場合、その前にとる食事には以下のような栄養素を多く含む食材を取り入れるのがオススメです!

ビフィズス菌(ロンガム種)の効果を高める「オリゴ糖」

オリゴ糖は、自然界に存在する天然の甘味料です。砂糖より低カロリーで血糖値の上昇もゆるやかなため、ダイエットに最適といわれていますが、同時に「腸で有用菌のエサになる」という重要なはたらきもあります。

オリゴ糖は人の消化液では分解されず、そのまま腸に運ばれるため、そこでビフィズス菌(ロンガム種)や乳酸菌のエサになるのです。そうしたはたらきから、ヘルスエイドビフィーナSにもオリゴ糖が配合されています。

オリゴ糖を多く含む食べ物としては、「きな粉」「ささげ」「いんげん」「ごぼう」「えんどう豆」などが代表的です。豆類を意識してとるようにするといいですね。

便通改善の強い味方「食物繊維」

排便に役立つ栄養素といえば、食物繊維も外すことはできません。

食物繊維には「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」があり、どちらも便通の改善に効果的です。

不溶性食物繊維

その名のとおり水に溶けない食物繊維です。消化されずそのままの形で腸へ運ばれるため、便の量が増して排便しやすくなります。

不溶性食物繊維が多く含まれる食べ物は、「葉物野菜」「きのこ類」「豆類」「ナッツ類」などです。食べ過ぎると便の水分が吸収されて便が硬くなってしまうことがあるため、なるべくたっぷりの水分と一緒にとるようにしてください。

水溶性食物繊維

こちらは水に溶ける食物繊維で、「海藻類」「こんにゃく」「オクラやなめこなどのネバネバ食材」に多く含まれます。

水溶性食物繊維は、オリゴ糖と同じように腸内で有用菌のエサになるため、ぜひヘルスエイドビフィーナSの前に食べておきたいですね。また、水分によって便を柔らかくする効果もありますので、便が硬くて悩んでいる方にもオススメです。

まとめ

ヘルスエイドビフィーナSを飲むタイミングについてご紹介しました。

医薬品ではないため基本的にいつ飲んでもOKではありますが、ビフィズス菌(ロンガム種)の性質を考えますと、基本的には「食後」または「寝る前」がオススメです。ただし絶対というわけではありませんし、一番大切なのは「毎日続けること」ですので、もし飲み忘れた場合は翌日に持ち越さず、気づいた時に飲むようにしましょう。

また、食後に飲む場合はその前にとる食事の内容にも気を付けてみると、ヘルスエイドビフィーナSの効果がより発揮されやすくなるかもしれません。ぜひ、オリゴ糖や食物繊維を意識して摂取してみてくださいね。

おすすめの飲み方は「食後」または「寝る前」ですが、毎日続けて飲むことが一番重要ですね!

bofina_14

\ヘルスエイドビフィーナが20%オフの特別価格!/

25middle

 

あわせて読みたい

 

この記事に関連する記事一覧

【とってもわかりやすい比較記事です♪】

ビフィーナ

ヘルスエイドビフィーナs試してレポ♪

bofina_07

人気の記事3選
カテゴリー