乳酸菌サプリメント「ヘルスエイドビフィーナS」が口コミで大人気の秘密は? » 乳酸菌サプリ » 

「ヘルスエイドビフィーナ」とビオフェルミン比較!価格や口コミ評判対決

ビフィーナ

乳酸菌やビフィズス菌(ロンガム種)を含むサプリや医薬品はたくさんありますが、中でも多くの家に常備してある整腸剤といえば、「ビオフェルミン(新ビオフェルミンS)」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

一方、サプリ分野では2015年に機能性表示食品となった「ヘルスエイドビフィーナ」シリーズが、乳酸菌健康食品市場20年連続シェアNo.1※となっています。

※1 出典:富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧 1998~2017」
機能志向食品編整腸効果乳酸菌メーカーシェア(1996~2015年実績)
ビフィーナRシリーズ全体での売り上げ(旧商品も含む)

 

「ヘルスエイド ビフィーナ」とビオフェルミンは、どこがどのように違うのでしょうか?価格や成分、口コミなどをリサーチして比較してみたいと思います♪

ヘルスエイドビフィーナVS新ビオフェルミンSを徹底比較!

まずは、シリーズ中一番人気の「ヘルスエイドビフィーナS」と、「新ビオフェルミンS錠」を比較してみましょう。

 

「ヘルスエイドビフィーナS」 新ビオフェルミンS錠
販売会社 森下仁丹 ビオフェルミン製薬
種類 機能性表示食品 指定医薬部外品
主成分と含量
(成人の1日摂取量あたり)
ビフィズス菌(ロンガム種)(ロンガム種BB536)50億個 コンク・ビフィズス菌(ロンガム種)末18mg
コンク・フェーカリス菌末18mg
コンク・アシドフィルス菌末18mg
1日の摂取量 1日1包が目安 15歳以上:3錠
5~14歳:2錠
価格 30包:3,856円
※初回特別価格2,980円
※定期便価格3,084円
350錠:1,200~2,000円
(販売店による)
1日あたりのコスト 102.8円
(定期便の場合)
約38.52円
(1,500円で購入した場合)
摂取方法 水でかまずに飲む 食後に服用する
副作用や注意点 特になし 5歳未満の子どもは服用できない

各項目について、下でくわしく解説していきます!

成分の違いで比較!

「ヘルスエイドビフィーナS」も新ビオフェルミンSも、どちらもビフィズス菌(ロンガム種)や乳酸菌が含まれている点は同じですが、その種類が異なっています。

「ヘルスエイドビフィーナS」の成分

「ヘルスエイドビフィーナS」(1包)に含まれるのは、ロンガム種(BB536)のビフィズス菌(ロンガム種)50億個です。

さらに乳酸菌10億個と、菌のエサになるオリゴ糖(0.30g)も含まれています。

ロンガム種のビフィズス菌(ロンガム種)は、ビフィズス菌(ロンガム種)の中でも比較的胃酸に強いことから、多くの食品に使われています。

新ビオフェルミンSの成分

新ビオフェルミンSには、おもに大腸に住み着く「コンク・ビフィズス菌(ロンガム種)」と、おもに小腸に住み着く乳酸菌「コンク・フェーカリス菌」「コンク・アシドフィルス菌」の3つの菌の粉末が、それぞれ18mgずつ含まれています(9錠中)。

いずれも腸にいい影響を及ぼす有用菌ですが、それぞれはたらきが異なることで、相乗効果が期待できると考えられます。

ちなみに、「ビオフェルミン」と名前のつく製品はいくつかありますが、医師の処方箋が必要な「ビオフェルミンR散」や「ビオフェルミンR錠」などに比べると、新ビオフェルミンSに含まれるビフィズス菌(ロンガム種)の数は少なめです。

腸内フローラを整える効果が高いのは?

「ヘルスエイドビフィーナS」も新ビオフェルミンSも、どちらも腸にいい有用菌が含まれているのは同じですが、果たしてどちらが腸内フローラ(腸内の細菌の生態系)を整える効果が高いのでしょうか?

これについては、実際に比較実験をして科学的な検証をしてみないと正確な結論は出せないのですが、わかりやすいポイントとしては「どれぐらいの有用菌が生きて腸まで届くのか?」という点が挙げられます。

ちなみに、「ヘルスエイドビフィーナS」も新ビオフェルミンSも、「生きたまま腸まで届く」という文句を使っており、その根拠を以下のように述べています。

新ビオフェルミンS

新ビオフェルミンSは、「乳酸菌が胃酸に弱い」という性質を認めた上で、「胃酸の影響を受けにくい食後に服用すること」でこの問題をクリアしていると説明しています。

「ヘルスエイドビフィーナS」

「ヘルスエイドビフィーナS」では、比較的胃酸に強いロンガム種のビフィズス菌(ロンガム種)を使用した上で、それを胃酸から守るための特殊なカプセルを採用しています。

ヘルスエイドビフィーナ®シリーズを製造販売する「森下仁丹」は、もともと仁丹をメインとしていた会社のため、早くから「シームレスカプセル」という継ぎ目のないカプセルの開発に成功していました。その技術をさらに磨き、ヘルスエイドビフィーナ®シリーズには熱や胃酸からビフィズス菌(ロンガム種)をしっかりと守る「ハイパープロテクトカプセル」が使われています。

ビフィーナ

 

このカプセルに入ったビフィズス菌(ロンガム種)を人工胃液に入れたところ、実に90%近くが生き残ったことが確認されています。

以上を踏まえますと、丈夫なカプセルの中にビフィズス菌(ロンガム種)を包んだ「ヘルスエイドビフィーナS」のほうが、多くの菌を生きたまま腸まで届けられる可能性が高い、と考えられます。

もちろん実際に比較検証をしてみないと正確なところはわかりませんが、「ヘルスエイドビフィーナS」は空腹時の胃液を再現した人工胃液の中でも9割が生存しているため、食後に限定しなくても十分な効果を発揮できるのは確かなようです。

 

継続しやすい価格で比較

次に価格の違いですが、コスパがいいのは圧倒的に新ビオフェルミンSのほうです。

新ビオフェルミンS錠(350錠)は、販売店によって価格に差がありますが、安いところでは1,200円ぐらいから売られているため、1日9錠を飲んでも1日あたり30~40円程度で済みます。

一方、「ヘルスエイドビフィーナS」は一部のドラッグストアで取り扱いがあるものの、基本的にはインターネット通販が中心で、店舗による価格の差はそれほどありません。一番お得なのは、公式サイトの定期おとどけ便(20%OFF)で、30日分で3,084円、つまり1日あたり102円ほどになります。

ビフィーナ

 

継続しやすい価格ということでいえば、新ビオフェルミンSに軍配が上がりますが、「ヘルスエイドビフィーナS」も「1回のお届けで3個以上を注文」するとさらに割引率が上がりますので(23%OFF)、長く続けてみたい方は定期おとどけ便でのまとめ買いがオススメです!

 

副作用や安全性では?

気になる副作用や安全性については、「ヘルスエイドビフィーナS」・新ビオフェルミンSともに「まず問題はない」といえます。

「ヘルスエイドビフィーナS」は、そもそも医薬品ではなくサプリメントですし、新ビオフェルミンSも作用がゆるやかな「指定医薬部外品」であり、主成分はすべて人の腸内に住む有用菌です。そのため、どちらも妊娠中や授乳中でも問題なく飲むことができますし、重篤な副作用などは特に報告されていません。

ただし、新ビオフェルミンS錠は錠剤ということもあり、喉につかえないよう5歳未満の子どもは服用できないことになっています(「新ビオフェルミンS細粒」は、3ヶ月の子から飲ませることができます)。

どちらにも共通する注意点としては、「飲みすぎに気を付ける」ということです。用量を無視して一度にたくさんの量を飲みすぎると、腸の活動が急に活発になることで、おなかがゆるくなる可能性が考えられます。

また、ほかに服用している薬がある場合は、念のため担当医や薬剤師さんに確認してから飲んだほうが安心です。

実際に試した人の口コミ評判で比較

実際に「ヘルスエイドビフィーナS」と新ビオフェルミンSを試した人の口コミの中から、特に多いものをいくつかピックアップしてご紹介します。

「ヘルスエイドビフィーナS」の口コミ

飲み始めてから臭いガスが出なくなり、便通も改善されました。これからも飲み続けていきたいと思います
私の場合、飲んだ次の日に必ず便通があり、即効性を感じています。少し効き目が強すぎるぐらいなので、「ヘルスエイドビフィーナR」に変えてもいいのかもしれません
ヨーグルト風味のさわやかな味で飲みやすいです!まだ飲み始めたばかりで、劇的に改善がみられたというわけではありませんが、飲む前よりは明らかに排便回数が増えてはきているので、もう少し続けてみたいと思います

新ビオフェルミンS

私は慢性的にお腹の調子が良くなかったので、普段から継続して飲むようにしています。値段が安いので毎日続けられるのがいいですね。大きく改善したという感じはしませんが、前よりは調子のいい日が多くなった気がします。
ビオフェルミンは整腸剤なので、おなかを壊しやすい私でも安心して飲むことができます!たまに忘れてしまう時もありますが、なるべく毎日飲むようにしていたら、調子が安定してきた感じがします。
ビオフェルミンは整腸剤なので、おなかを壊しやすい私でも安心して飲むことができます!たまに忘れてしまう時もありますが、なるべく毎日飲むようにしていたら、調子が安定してきた感じがします。
お腹の調子に大きな変化はありませんが、口内炎ができにくくなったのは実感します。味もよく、水がなくても飲めるのがいいですね。

「ヘルスエイドビフィーナS」と新ビオフェルミンSは、どちらも全体的に高評価が多く、「飲んでから便通が改善した」という人が多いことがうかがえます。

どちらかというと、「ヘルスエイドビフィーナS」のほうが「即効性がある」「明らかに良くなった」という口コミが比較的多く、新ビオフェルミンSは「ゆるやかに改善」「コスパがいいので続けやすい」という口コミが多い印象です。

もちろん、どちらの商品にも「効かなかった」という意見もありますが、腸内フローラの状態は一朝一夕で変わるものではありませんので、やはりある程度継続して使うことが大切ですね。

「ヘルスエイド ビフィーナ」の製品紹介

ヘルスエイドビフィーナ®シリーズには、現在「R(レギュラー)」「S(スーパー)」「S(スーパー)パール」「EX(エクセレント)」の4種類が発売されています。

それぞれのスペックや特徴をご紹介していきます!

「ヘルスエイドビフィーナR」(レギュラー)

ビフィーナR

形状 顆粒(スティックタイプ)
機能性関与成分
(1包あたり)
ビフィズス菌(ロンガム種)25億個
価格(30日分) 【通常価格】2,484円(税込)【定期価格】1,987円(税込)
価格(60日分) 【通常価格】4,320円(税込)【定期価格】3,456円(税込)
摂取方法 1日1包を目安に、水などと一緒に噛まずに飲む
特徴 シリーズ中もっともビフィズス菌(ロンガム種)の数が少ないため、Sで効果がありすぎた方に最適です。

「ヘルスエイドビフィーナS」(スーパー)

ビフィーナS

形状 顆粒(スティックタイプ)
機能性関与成分
(1包あたり)
ビフィズス菌(ロンガム種)50億個
価格(30日分) 【通常価格】3,856円(税込)【定期価格】3,084円(税込)
価格(60日分) 【通常価格】7,344円(税込)【定期価格】5,875円(税込)税込)
摂取方法 1日1包を目安に、水などと一緒に噛まずに飲む
特徴 一番人気の商品。公式でも、まずはSから始めてみて、効果をみながら他商品への切り替えを検討することが推奨されていますので、初心者はまずこれから!

「ヘルスエイドビフィーナEX(エクセレント)」

形状 顆粒(スティックタイプ)
機能性関与成分
(1包あたり)
ビフィズス菌(ロンガム種)100億個
価格(30日分) 【通常価格】 5,400円(税込)【定期価格】4,320円(税込)
価格(60日分) 【通常価格】10,152円(税込)【定期価格】8,121円(税込)
摂取方法 1日1包を目安に、水などと一緒に噛まずに飲む
特徴 シリーズ中もっともビフィズス菌(ロンガム種)の数が多いリッチタイプ。Sで効果が不十分だった方や、頑固な便通の悩みを抱える方におすすめです。

「ヘルスエイドビフィーナS Pearl」

ビフィーナSパール

形状 カプセル(瓶入り)
機能性関与成分
(1包あたり)
ビフィズス菌(ロンガム種)50億個
価格(30日分) 【通常価格】3,856円(税込)【定期価格】3,084円(税込)
価格(60日分) 【通常価格】7,344円(税込)【定期価格】5,875円(税込)
摂取方法 1日2粒を目安に、水などと一緒に噛まずに飲む
特徴 顆粒が苦手な方に最適なカプセルタイプ。オリゴ糖が含まれていないため、オリゴ糖が苦手な方にも。ビフィズス菌(ロンガム種)の数はSと同じです。

 

新ビオフェルミンSの製品紹介

新ビオフェルミンSには、錠剤タイプと細粒タイプの2種類があります。

新ビオフェルミンS

新ビオフェルミンS錠

 

形状 錠剤(瓶入り)
主成分
(9錠あたり)
コンク・ビフィズス菌(ロンガム種)末18mg
コンク・フェーカリス菌末18mg
コンク・アシドフィルス菌末18mg
価格 350錠:1,200~2,000円
540錠:2,200~3,000円
(販売店によって差あり)
摂取方法 15歳以上は1回3錠、5~14歳は1回2錠を1日3回食後に服用する
特徴 飲みやすい小粒の錠剤ですが、喉につかえるおそれがあるため5歳未満は服用できません。軽く噛みつぶす程度なら問題ないとされていますので、水なしでも飲めます。

新ビオフェルミンS細粒

形状 錠剤(瓶入り)
主成分
(9錠あたり)
コンク・ビフィズス菌(ロンガム種)末18mg
コンク・フェーカリス菌末18mg
コンク・アシドフィルス菌末18mg
価格 45g:800~1,000円
(販売店によって差あり)
摂取方法 15 歳以上は1g(添付のサジ3杯分)、5 歳~14 歳は3分の2g(添付のサジ2杯分)、3ヶ月~4 歳は3分の1g(添付のサジ1杯分)を、1日3回服用する
特徴 ほんのり甘みのある細粒タイプ。3ヶ月の乳幼児から飲むことができますが、毎回サジで測る必要があるため、錠剤を飲める人は錠剤のほうが便利かもしれません。

 

まとめ

ビフィズス菌(ロンガム種)サプリ「ヘルスエイドビフィーナS」と、整腸剤「新ビオフェルミンS」をさまざまな観点から比較してみました。

どちらもビフィズス菌(ロンガム種)や乳酸菌が入っており、それ以外の化学的な成分は含まれていませんので、妊婦さんでも安心して飲めるほど安全性は高めです。
ただし、菌をどのように腸まで届けるかの工夫や、価格などに違いがあります。

どちらも人気の商品であることは確かですので、自分に合いそうなほうを選んで、まずは一定期間続けてみることをおすすめします!

あわせて読みたい

「ヘルスエイドビフィーナ」は妊娠中に飲める?気になる副作用や安全性

ビフィーナ

「ヘルスエイド ビフィーナ」は、医薬品ではなくサプリメント(食品)ですので、基本的には妊娠中も問題なく飲むことができます。

妊娠中はいつもより便通が悪くなることが多いため、むしろ「ヘルスエイド ビフィーナ」をしっかり飲むようにしたい時期です!

妊娠中に便通が悪くなる理由や、妊娠中に「ヘルスエイド ビフィーナ」を飲む際の気になる注意点などについてご紹介していきます♪

妊娠中や授乳中に排便回数が減る原因とは?

「普段はそんなことなかったのに、妊娠してからなぜか便通が悪くなった…」と悩んでいる妊婦さんはたくさんいます。あるアンケートでは、なんと70%の妊婦さんが排便の悩みを抱えている、という結果も出ているほどです。

なぜ妊娠すると排便回数が減ってしまうのでしょうか?現在わかっている理由は以下のようなものです。

女性ホルモンの影響

妊娠すると、「黄体ホルモン(プロゲステロン)」という女性ホルモンの分泌量が増えます。これは、妊娠していない時でも排卵後から生理開始までの間にも分泌されるホルモンで、妊娠を維持するはたらきがあるのですが、同時に以下のような作用もあります。

水分を体内にためこむ可能性

黄体ホルモンは、妊娠に備えるために体内の水分量を多くしようとするはたらきをします。生理前になるとむくみやすくなる女性がいるのも、これが原因ですね。

その結果、大腸の中でも水分が多量に吸収されて便が硬くなってしまい、排便しにくくなってしまうのです。

腸の動きをにぶくする

もう一つ、黄体ホルモンが腸に与える影響として「ぜん動運動の抑制」があります。これも、妊娠した時に備えてのことです。

便は腸のぜん動運動によって肛門へと運ばれますから、その動きがにぶくなれば、当然ながら便通が悪くなってしまいます。

大きくなった子宮が腸を圧迫してしまう

女性ホルモンのほかには、「子宮による腸の圧迫」という物理的な理由もあります。

特におなかが大きくなる妊娠中期~後期は、ふくらんだ子宮によって近くにある臓器が圧迫されるため、たとえば膀胱が狭くなって頻尿になったりします。同じく腸も圧迫を受けやすい位置にありますので、便がスムーズに通りにくくなることがあるのです。

上記のほかにも、運動不足や自律神経の乱れ、ストレスなどによっても便通が悪くなることがあります。やはり妊娠中は普段とは違う体ですから、何かしら便通に影響を与える要素があってもおかしくないといえるでしょう。

また、出産後も会陰切開の痛みなどが原因でうまく排便しにくいことが多いですし、授乳中も母乳で水分が奪われることで便通は悪くなりがちです。

このように、妊娠から産後にかけての女性の体は、何かと排便の悩みを抱えやすいことがわかりますね。

妊娠・授乳中の悩みの一つにもなる便通改善に、ヘルスエイドビフィーナ!

ビフィーナ

妊娠中の排便の悩みを解決するためには、普段からなるべく水分をとるようにしたり、適度に体を動かしたりすることも大切ですが、同時に腸内フローラをキレイにしてくれるサプリメントを活用するのがオススメです。

特に、森下仁丹の「ヘルスエイドビフィーナ」シリーズは、累計販売個数972万個、累計愛用者数96万人※の実績を誇るロングセラー商品ですので、すべての人に安心しておすすめできます。
※ 旧商品も含めた1993年~2016年12月31日までのビフィーナRシリーズ愛用者・販売累計(森下仁丹調べ)

ヘルスエイドビフィーナ®シリーズは、国内で初めて「機能性表示食品」として販売されたビフィズス菌(ロンガム種)サプリです。機能性表示食品とは、事業者の責任において科学的根拠にもとづいた機能性(効果)を表示できる食品のことで、消費者庁への届け出が受理される必要があります。

ヘルスエイドビフィーナ®シリーズの全商品には、「生きたビフィズス菌(ロンガム種)(ロンガム種BB536)」が含まれており、それが腸内フローラを良好にし、便通を改善する機能が報告されてることがパッケージなどに表示されているのです♪

実際におこなわれた実験でも、ロンガム種のビフィズス菌(ロンガム種)を摂取したグループとそうでないグループでは、摂取したグループのほうが排便回数が増えたとともに、糞便中のビフィズス菌(ロンガム種)も多かったことが確認されています。

「ヘルスエイド ビフィーナ」は妊娠中、授乳中に飲んでも大丈夫?

「でも妊娠中って飲めない薬もあるし、サプリにも気をつけなくちゃいけないのでは?」と心配になる妊婦さんもいますよね。

しかし「ヘルスエイド ビフィーナ」は、ビフィズス菌(ロンガム種)という人間がもともと持って生まれた菌を補うサプリですので、妊娠中に飲んでもまず問題はありません。実際、妊娠中の便通改善のために、ビフィズス菌(ロンガム種)の入った整腸剤が病院で処方されることもあるぐらいです。

ですから、問題なく安心して飲むことができますよ♪

「ヘルスエイドビフィーナ」に関する気になる疑問

「ヘルスエイド ビフィーナ」は、基本的に誰でも飲めるサプリですが、唯一気を付けたいのが「ほかに薬を服用している場合」です。その場合の気になる疑問点についてまとめてみました。

他の薬との併用は?

ほかに飲んでいる薬がある方は、念のため担当医か薬剤師さんに確認することをおすすめします。問題ないことがほとんどではありますが、薬の種類によっては飲み合わせが良くない可能性もあるからです。

確認が難しい場合は、森下仁丹のフリーダイヤル(0120-700-018)に問い合わせれば、薬剤師さんが調べて回答してくれます。
こういう行き届いたサービスがあるのもうれしいポイントですね!

ピルとの飲み合わせは可能?

避妊や婦人病の治療のためにピルを服用している女性もいると思いますが、ピルはホルモンに作用する薬ですので、「ヘルスエイド ビフィーナ」のようなビフィズス菌(ロンガム種)サプリとの併用は特に問題ありません。むしろ、ピルを飲んでから便通が悪くなったような方にはおすすめできます。

ただしピルも医薬品ですので、不安な場合は担当医や薬剤師さんに確認してから飲むと安心です。

妊娠中や授乳中に「ヘルスエイド ビフィーナ」を摂取するメリット

ビフィーナ

妊娠中や授乳中に「ヘルスエイド ビフィーナ」を飲むことには、いろいろなメリットがあります♪

便通改善が期待できる!

一番のメリットは、なんといっても便通の改善が期待できることです。

「ヘルスエイド ビフィーナ」が、発売から四半世紀近くもの間ロングセラーとなっているのは、まさに「商品の質が高い」ことの証明でもあります。

ビフィズス菌(ロンガム種)や乳酸菌入りのサプリメントはほかにもたくさんありますが、「ヘルスエイド ビフィーナ」は森下仁丹という、仁丹を主力商品としていた会社が開発したこともあって、熱や胃酸に強いカプセルが使われている点が特徴となっています。

ビフィズス菌(ロンガム種)は熱や胃酸に弱く、そのまま摂取してもほとんどが腸にたどり着く前に死滅してしまうのですが、「ヘルスエイド ビフィーナ」ではなんと90%近くのビフィズス菌(ロンガム種)が胃液の中でも生き残ることが確認されているのです!

このようにビフィズス菌(ロンガム種)が丈夫なカプセルに守られているからこそ、生きたまま腸まで届いて腸内フローラを良好にしてくれる効果が期待できるのですね。

飲みやすくて手軽!

ヘルスエイドビフィーナ®シリーズの多くは顆粒状で、個別包装のスティックに入っていますので、持ち運びも楽ちんです。味はさわやかなヨーグルト風味ですし、水にスッと溶けるため、つわり中の妊婦さんでも簡単に飲めると思います。

ちなみに、顆粒が苦手な人にはカプセルタイプの「ヘルスエイドビフィーナSパール」」という商品も出ています♪

副作用がないので安心!

「ヘルスエイド ビフィーナ」はあくまで食品ですので、医薬品のような副作用は特に報告されていません。上でもご説明した通り、ほかに服用している薬がある場合は念のため確認することをおすすめしますが、そうでない方は基本的に安心して飲むことができます。

ただし、食品とはいえ飲みすぎには注意が必要です。「ヘルスエイド ビフィーナ」は、「1日1包(カプセルタイプは1日2錠)」が目安となっており、公式サイトにも「一日摂取目安量を守ってお召し上がりください。」と書かれてあります。

飲みすぎたからといって毒になることはないと思われますが、特に飲み慣れていない方は急に腸の動きが活発になることで、お腹がゆるくなってしまう可能性はあるかもしれません。

もし「私には1包じゃ足りないの!」という場合は、含まれるビフィズス菌(ロンガム種)の数が100億個とシリーズ中もっとも多い、「ヘルスエイドビフィーナEX」(エクセレント)」を試してみてください。

まとめ

ビフィーナ

妊婦さんのための「ヘルスエイドビフィーナ」情報についてまとめてみました。

「ヘルスエイド ビフィーナ」は医薬品ではないため、基本的に妊娠中や授乳中に飲んでも問題ありません。むしろ便通の悪くなりがちな時期ですから、「ヘルスエイド ビフィーナ」でしっかりとビフィズス菌(ロンガム種)を補うようにしたいところです。

スッキリとしたマタニティライフを送りましょう♪

副作用も特になく安全性は高いですが、薬を飲んでいる方は念のため担当医や薬剤師さんに確認してから飲むようにしてくださいね。

あわせて読みたい

「ヘルスエイドビフィーナ」はいつ飲むの?タイミングは食後?寝る前?

サプリメントは医薬品と違い、基本的にはいつ飲んでも特に大きな問題はありません。

しかし、どうせ飲むならサプリメントの効果を最大限に得るためにも、やはり飲むタイミングにはこだわりたいところですよね。

\購入なら公式サイトがおすすめ/

25middle

「ヘルスエイドビフィーナS」も、説明書きには「1日1包を目安に」としか書かれていませんが、実際はオススメのタイミングがいくつかありますので、ここでご紹介していきたいと思います♪

「ヘルスエイドビフィーナS」はいつ飲むのがいい?

「ヘルスエイドビフィーナS」のパッケージには、飲み方の説明として「1日1包を目安に、水などと一緒に噛まずにお召し上がりください」とだけ書かれています。ユーザーとしては「それだけ?食前とか食後とかないの?」と疑問に思ってしまうのですが、実はサプリメントは医薬品のように明確な用法・用量を記載することが法律で禁止されているのです。

「ヘルスエイドビフィーナS」も、消費者庁に届け出がされた「機能性表示食品」ではありますが、あくまで食品ですので、摂取するタイミングや量を細かく指示することはできません。そうしてしまうと、ユーザーに医薬品のような効能を期待させてしまうから、というのが理由です。

「1日1包を目安に」というあいまいな表現にとどめられているのは、そのような事情があるからなのですね。逆にいうと、「ヘルスエイドビフィーナS」は基本的にどのタイミングで飲んでも大きな問題はない、ということでもあります。

\国内で初めて機能性表示食品として認められたビフィズス菌(ロンガム種)サプリ!/

25middle

 

「ヘルスエイド ビフィーナ」が認められた「機能性表示食品」とは?

機能性表示食品とは、事業者の責任において科学的根拠にもとづいた機能性を表示できる食品のことです。2015年4月から、新しい制度としてスタートしました。

それまで、機能性を表示できる食品は「特定保健用食品(トクホ)」と「栄養機能食品」の2つに限られていたのですが、トクホは数々の試験をおこなって国の認可を受ける必要がありますし、栄養機能食品も国の定める厳しい基準を満たす必要があります。

一方、国民の健康意識は高まり続け、巷には数多くのサプリメントが販売されるようになりました。そこで、より消費者が目的に合った商品を選べるよう、新しく整備されたのが機能性表示食品の制度なのです。

機能性表示食品は個別の認可を受ける必要はありませんが、機能性についての科学的な根拠や、それをもたらす成分などについて消費者庁に届け出をする必要があります。それが受理されて、初めて機能性表示食品として販売できるようになります。

ヘルスエイドビフィーナ®シリーズは、ビフィズス菌(ロンガム種)サプリとしては日本で初めて機能性表示食品として販売された商品です。機能性にかかわる成分は「ビフィズス菌(ロンガム種)(ロンガム種BB536)」で、機能性は「腸内フローラを良好にし、便通を改善する機能があることが報告されています」となっています。

 

実際に試して効果のあった飲むタイミングは?

「ヘルスエイドビフィーナS」には「このタイミングで飲みなさい」という決まりはありませんが、実際に多くの人が試して効果のあったタイミングというのはあります。それは「食後」もしくは「就寝前」です!

「ヘルスエイド ビフィーナ」を食後に試した場合の効果

「ヘルスエイドビフィーナS」は、「食後に飲むと効果的」という口コミが多くみられます。これはただの偶然ではなく、きちんとした根拠があると考えられます。それは、「もともとビフィズス菌(ロンガム種)や乳酸菌は胃酸に弱い」ということです。これらの有用菌は確かに腸管でいいはたらきをしてくれるのですが、酸性の環境には弱いため、胃酸と混ざると多くが死滅してしまいます。

これを防ぐために、「ヘルスエイドビフィーナS」では胃酸から菌を守る特殊なカプセル(ハイパープロテクトカプセル)が使われています。実際、このカプセルに入ったビフィズス菌(ロンガム種)を人工胃液に入れたところ、なんと90%近くが生き残ったという研究結果が出ているほどです。

ビフィーナ

 

とはいえ、できるだけ胃酸に触れないに越したことはありませんので、食事によって胃酸が薄まっている食後に飲んだほうが、ビフィズス菌(ロンガム種)をうまく腸まで届けられる可能性が高まります。実際、「食後に飲むようにしたら、明らかに効果が上がった!」という人も少なくないようです。

「ヘルスエイド ビフィーナ」を寝る前に試した場合の効果

夜寝る前に「ヘルスエイドビフィーナS」を飲むと調子がいい、という人も多くいます。これは、腸内の細菌がもっとも活発にはたらく時間帯が「夜10時~2時まで」であることが一因だと思われます。この時間帯は、お肌のターンオーバーがおこなわれる「美容のゴールデンタイム」としても知られていますが、同時に腸でも細菌たちが活発に活動し、有用菌が優勢になるチャンスでもあるのです。

 

そのため、就寝前に「ヘルスエイドビフィーナS」でビフィズス菌(ロンガム種)を補ってあげると、寝ている間にどんどんはたらき、腸内フローラを良好にしてくれる効果が期待できる、というわけですね!寝る前に「ヘルスエイドビフィーナS」を飲んでいる人からは、「朝スムーズに排便できるようになった!」という声が寄せられています。

 

このように、「ヘルスエイドビフィーナS」を飲むタイミングとしては「食後」もしくは「就寝前」がオススメです。とはいえ、人によってベストのタイミングは違いますので、最初のうちは色々ためしてみて、自分に一番合った時間帯を見つけるのもいいと思います。

飲み忘れを防ぐためにも、ベストタイミングを見つけたら、その後はなるべくずっと同じタイミングで摂取するようにしましょう!

bofina_14

\「ヘルスエイド ビフィーナ」の詳細をチェック!/

25middle

 

「ヘルスエイド ビフィーナ」を飲むタイミングでの注意点

その他、「ヘルスエイドビフィーナS」を飲むタイミングについての注意点をいくつか挙げてみたいと思います。

食前や空腹時はなるべく避ける!

上でもご説明したように、ビフィズス菌(ロンガム種)や乳酸菌は胃酸に弱い性質を持ちます。胃に何も食べ物が入っていない状態の時は、どうしても胃酸が濃くなりますので、「ヘルスエイドビフィーナS」を飲むなら、なるべく食前や空腹時を避けたほうが無難です。

ただし、「何がなんでも空腹時はダメ!」というわけではありません。「ヘルスエイドビフィーナS」に使われているカプセルは、胃酸の中でも90%近くの菌が生き残れるほど優れた代物ですから、もし飲み忘れに気づいた場合は空腹時であっても摂取してOKです。普段は、なるべく胃酸の薄まった食後に飲んだほうがいい、ということですね!

タイミングよりも「毎日摂取すること」が大切!

「ヘルスエイドビフィーナS」を飲む上でもっとも大切なのは、実はタイミングではなく「毎日続けること」です。

どんなにいいビフィズス菌(ロンガム種)を摂取しても、およそ3日~7日で腸から排出されるといわれています。腸内フローラを安定して良好な状態に保つためには、「ヘルスエイドビフィーナS」を毎日続けて飲むことが一番重要です。

人を対象とした試験では、飲み始めて2週間が経過するころから便通に関する改善効果を確認できる人が多い、という結果が出ています。ですから、少なくとも2週間以上は毎日飲むようにしましょう。

また、「水や白湯で噛まずに飲む」という基本の飲み方を守ることも大切です。噛んでしまうと、せっかくビフィズス菌(ロンガム種)や乳酸菌を守ってくれているカプセルが壊れてしまいますし、水や白湯以外の飲み物で飲むと、サプリメントの吸収に何らかの影響が出る可能性があります。摂取のしかたを守って毎日継続すれば、日によって多少飲むタイミングがズレることがあっても、それほど大きな影響は出ないはずです!

 

\「ヘルスエイド ビフィーナ」で便通改善を試してみる!/

25middle

 

さらに効果的な「ヘルスエイド ビフィーナ」を飲む前の食事がポイント

「ヘルスエイドビフィーナS」の効果をさらに高めるためには、普段の食事にも気を付けてみましょう。

特に食後に飲む場合、その前にとる食事には以下のような栄養素を多く含む食材を取り入れるのがオススメです!

ビフィズス菌(ロンガム種)の効果を高める「オリゴ糖」

オリゴ糖は、自然界に存在する天然の甘味料です。砂糖より低カロリーで血糖値の上昇もゆるやかなため、ダイエットに最適といわれていますが、同時に「腸で有用菌のエサになる」という重要なはたらきもあります。

オリゴ糖は人の消化液では分解されず、そのまま腸に運ばれるため、そこでビフィズス菌(ロンガム種)や乳酸菌のエサになるのです。そうしたはたらきから、「ヘルスエイドビフィーナS」にもオリゴ糖が配合されています。

オリゴ糖を多く含む食べ物としては、「きな粉」「ささげ」「いんげん」「ごぼう」「えんどう豆」などが代表的です。豆類を意識してとるようにするといいですね。

便通改善の強い味方「食物繊維」

排便に役立つ栄養素といえば、食物繊維も外すことはできません。

食物繊維には「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」があり、どちらも便通の改善に効果的です。

不溶性食物繊維

その名のとおり水に溶けない食物繊維です。消化されずそのままの形で腸へ運ばれるため、便の量が増して排便しやすくなります。

不溶性食物繊維が多く含まれる食べ物は、「葉物野菜」「きのこ類」「豆類」「ナッツ類」などです。食べ過ぎると便の水分が吸収されて便が硬くなってしまうことがあるため、なるべくたっぷりの水分と一緒にとるようにしてください。

水溶性食物繊維

こちらは水に溶ける食物繊維で、「海藻類」「こんにゃく」「オクラやなめこなどのネバネバ食材」に多く含まれます。

水溶性食物繊維は、オリゴ糖と同じように腸内で有用菌のエサになるため、ぜひ「ヘルスエイドビフィーナS」の前に食べておきたいですね。また、水分によって便を柔らかくする効果もありますので、便が硬くて悩んでいる方にもオススメです。

まとめ

「ヘルスエイドビフィーナS」を飲むタイミングについてご紹介しました。

医薬品ではないため基本的にいつ飲んでもOKではありますが、ビフィズス菌(ロンガム種)の性質を考えますと、基本的には「食後」または「寝る前」がオススメです。ただし絶対というわけではありませんし、一番大切なのは「毎日続けること」ですので、もし飲み忘れた場合は翌日に持ち越さず、気づいた時に飲むようにしましょう。

また、食後に飲む場合はその前にとる食事の内容にも気を付けてみると、「ヘルスエイドビフィーナS」の効果がより発揮されやすくなるかもしれません。ぜひ、オリゴ糖や食物繊維を意識して摂取してみてくださいね。

おすすめの飲み方は「食後」または「寝る前」ですが、毎日続けて飲むことが一番重要ですね!

bofina_14

\「ヘルスエイド ビフィーナ」が20%オフの特別価格!/

25middle

 

あわせて読みたい

「ヘルスエイドビフィーナ」を試した人で効果がない、効かない人の共通点

ヘルスエイド ビフィーナ シリーズ20年以上にわたって多くの人から支持されている「ヘルスエイドビフィーナ®シリーズ」ですが、口コミなどを見ますと「効かない」という人もいることがわかります。

もちろん人の体質はそれぞれですし、サプリメントで改善できない便通の悩みもありますが、中には誤った使い方をしている人がいるのも事実です。

「ヘルスエイド ビフィーナ」を試したけれど効果がなかった人の共通点とは何か?また、効果を得るためにはどうしたらいいのか?などについてくわしくご説明していきます!

「ヘルスエイド ビフィーナ」が効かない人の原因を口コミから調査!

インターネット上にある多くの口コミをリサーチしたところ、「「ヘルスエイド ビフィーナ」を飲んだけれど効かなかった!」という人の一部には、以下のような共通点があることがわかりました。

使用期間が短い

レビューで低評価をつけている人の中には、「1週間試してみたけれどダメだった」など、短い期間で「ヘルスエイドビフィーナ」に見切りをつけてしまっている人もいます。しかし、これはとてももったいない話です!

どんなサプリメントにもいえることですが、十分な効果を安定して得るためには、ある程度長く使い続ける必要があります。特に便通の悩みには、「腸内フローラ」という細菌の生態系の状態が深くかかわっていますので、どんなにいいサプリを使ったとしても数日やそこらで改善するのは難しいものです。腸内フローラを良好に保つためには、良質なビフィズス菌(ロンガム種)を継続的に摂取することが大切になってきます。

ちなみに「ヘルスエイド ビフィーナ」の公式サイトによると、人を対象とした試験では「飲み始めてから2週間ほどで便通の改善効果が確認できるようになった」という結果が報告されています。ですから、少なくとも2週間以上、できれば1ヶ月以上は続けてみることをおすすめします。

毎日飲んでいない

口コミを見ますと、「価格が高いので平日だけ飲むようにしている」とか、「排便がスムーズにいかない日に飲んでいる」という人も一部いることがわかります。しかし、これも効果の出にくい使い方です!

口から摂取したビフィズス菌(ロンガム種)や乳酸菌は、腸内で繁殖と死滅を繰り返しながら、3日~7日程度で便とともに排出されるといわれています。つまり腸内に十分な有用菌を安定して生息させるためには、毎日コンスタントに摂取し続けることが大切なのです。

「ヘルスエイド ビフィーナ」のようなビフィズス菌(ロンガム種)サプリは、「飲んだり飲まなかったり」では十分な効果が期待できません。せっかく始めたなら、毎日続けるようにしましょう!

ちなみに、「価格が高くてつい節約してしまう…」という場合は、森下仁丹の公式サイトから「定期おとどけ便」を申し込むのがおすすめです。定期おとどけ便では、常に商品価格が20%OFFになりますし、1度に3個以上まとめ買いすれば23%OFFとさらにお得になります♪

排便の回数は変わらないのに、ガスだけよく出るようになった

「ヘルスエイド ビフィーナ」を使った人の中には、「排便回数は増えなかったのに、ガスだけよく出るようになったから…」という理由で、途中で使用をやめてしまった人もみられます。実は、これももったいないケースです!

「ヘルスエイド ビフィーナ」を飲んでからガスがよく出るようになったのは、腸内フローラが良好になってきている証拠でもあります。便通の悩みを抱えていた人が急にビフィズス菌(ロンガム種)や乳酸菌を摂取するようになると、腸の動きが活発になることでガスが出やすくなるからです。まさにこれから、体が腸内の大掃除を始めようとしている合図なのですね。

このような場合は途中でやめたりせず、そのまま「ヘルスエイド ビフィーナ」を飲み続けることで、やがて腸内フローラの状態が良くなって便通が改善する可能性が期待できます。ガスが増えるのは一時的なものですので、気にせず続けてみましょう!

このように、「「ヘルスエイド ビフィーナ」が効かなかった」という人の中には、実は使い方に問題があることも少なくありません。もちろんすべての人がそうとは言い切れませんし、中には「ヘルスエイド ビフィーナ」が効きにくいケースもあります(精神的・物理的な原因で便通が妨げられている場合など)。しかし急いで結論を出す前に、まずは2週間以上(できれば1ヶ月以上)は、毎日続けて飲んでみてほしいと思います!

効果がわからない、効かない人には試してほしいポイント

「ちゃんと毎日飲んでいるけれど、思うような効果が出ないんだけど…?」という人は、以下のようなポイントに気を付けてみてください。

飲むタイミングを食後や寝る前に変える!

「ヘルスエイド ビフィーナ」はサプリメント(食品)ですので、飲むタイミングに明確な決まりはありませんが、基本的には「食後」もしくは「寝る前」がおすすめです。ビフィズス菌(ロンガム種)は酸性の環境に弱いため、胃酸が強い空腹時に飲むよりは、食後のほうがスムーズに腸まで届きやすくなります

また、腸内細菌が活発にはたらくのは「22時~翌2時」といわれているため、このゴールデンタイムをめがけて寝る前に飲むのも効果的です!実際に「飲むタイミングを変えたら効果があった」という口コミも多いですので、ぜひためしてみてください。

摂取量を増やす!

「ヘルスエイド ビフィーナ」は、「1日1包」が目安量となっています。

公式サイトでも「一日摂取目安量を守ってお召し上がりください」との説明があるため、基本的にはあまり増やして飲むことはおすすめできません。とはいえ、医薬品のように副作用があるわけではありませんし、あくまで「目安量」ですので、効果が出にくいと感じる方は2包飲んでみるのも一つの方法です。実際、「飲む量を増やしてようやく便通が改善された!」という人もいます。

また、ビフィズス菌(ロンガム種)の量を増やしたいなら「ヘルスエイドビフィーナEX(エクストラ)」の使用もおすすめです。「ヘルスエイドビフィーナEX」は、含まれるビフィズス菌(ロンガム種)がシリーズ中もっとも多い100億個となっていますので、「ヘルスエイドビフィーナR(25億個)」や「ヘルスエイドビフィーナS(50億個)」で効果が今ひとつだった方は試してみる価値があります!

摂取量を減らす!

「ヘルスエイド ビフィーナ」を途中でやめてしまった人の中には、逆に「効きすぎた」という人もいるようです。「ヘルスエイド ビフィーナ」は医薬品ではありませんが、人によっては医薬品と同等、もしくはそれ以上の効き目が出る人もいます。

効果が強すぎる場合は、摂取量を「2分の1包」などに減らすか、もしくはビフィズス菌(ロンガム種)の数がもっとも少ない「ヘルスエイドビフィーナR」の使用を検討してみましょう。ただし、それでも改善しない場合は体質に合わない可能性がありますので、いったん使用を中止してください。

「ヘルスエイド ビフィーナ」の効果を感じるまでの期間は?

「ヘルスエイド ビフィーナ」を途中でやめようと思う理由の多くは、「なかなか効果が出ないから」だと思いますが、通常はどれぐらいの期間で効果が出るものなのでしょうか?
上でもご説明したように、「臨床実験では約14日間」という結果が出ています。正確には「2週間経過ごろから」となっていますので、2週間を過ぎる可能性も十分にあるということです。

ただし、腸内フローラの改善には個人差が大きいことも知っておく必要があります。部屋でたとえるなら、少しの整頓ですぐキレイになる部屋もあれば、いらないものがたまりすぎていてお掃除に何週間もかかってしまう部屋もあるなど、もとの状態はそれぞれです。ほかにも、普段の食生活や運動の習慣、体質のちがいなどさまざまな要素が複雑に関係しますので、同じサプリを飲んでも効果が出るまでの期間には個人差があります。

このことを踏まえますと、やはり「ヘルスエイド ビフィーナ」は最低でも1ヶ月は続けてみないと、効き目を正確に判断するのは難しいといえそうです!

まとめ

「ヘルスエイド ビフィーナ」で効果がなかった人の共通点や、改善のためのポイントなどをご紹介しました。

サプリとは相性もありますので、いくら続けてみても思うような効果が出ない可能性もゼロではありませんが、実際は使用期間が短すぎたり、毎日飲まなかったりするなど、使い方に問題があるケースも少なくありません。

せっかく「ヘルスエイド ビフィーナ」を始めるなら、やはりある程度の期間は毎日コンスタントに使い続けて様子を見てみることが大切です。また、飲むタイミングを変えることによっても効果が出やすくなりますよ♪もちろん、「水や白湯で噛まずに飲む」という基本の摂取方法もしっかり守るようにしましょう!

あわせて読みたい

「ヘルスエイドビフィーナS」を最安値で購入する方法は楽天?薬局では?

ビフィーナ

 

「ヘルスエイドビフィーナS」は、複数のサイトで販売されています。公式オンラインショップのほか、楽天市場やYahoo!ショッピング、Amazonにも森下仁丹のネット支店がありますので、どこで買おうか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?

 

さらに、「ヘルスエイドビフィーナS」は一部のドラッグストアや薬局でも取り扱いがあります。

ここでは、ユーザーにとって一番気になる「どこで買うのがもっともお得なのか?」の情報を中心にご紹介していきたいと思います♪

 

「ヘルスエイドビフィーナS」はどこで買える?

 

「ヘルスエイドビフィーナS」は、おもにインターネット通販で販売されています。取り扱いのあるサイトは以下の通りです。

 

  • 森下仁丹の公式サイト
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • Amazon

その他、一部のサイトでも販売されていますが、森下仁丹が直接販売しているのは上記4サイトです。

 

ちなみに、楽天市場・Yahoo!ショッピング・Amazonの3サイトでは、森下仁丹以外の会社も「ヘルスエイドビフィーナS」を販売しています。中には、公式ショップより安い価格で売られているものもありますが、商品の状態(製造時期など)やアフターフォローのことを考えると、やはり森下仁丹が販売する商品のほうが絶対に安心です!

 

上記3サイトから購入する場合は、かならず販売元を確認することをおすすめします。

※楽天市場「ビフィーナS」の検索結果より

一部のドラッグストアや薬局でも購入できる!

ビフィーナ

 

「ヘルスエイドビフィーナS」は、インターネット通販だけではなく、一部のドラッグストアや薬局でも販売されています。

 

地域によっても違いますが、全国的に「ココカラファイン」の店舗で取り扱いが多いようです。また一部地域では、ココカラファインの系列である「ジップドラッグ」でも販売されていることがあります。

 

「ヘルスエイドビフィーナS」を売っている店舗は、「アットコスメ」から検索可能です。ただし、価格や在庫などは直接店舗に行かないとわからないため、必要であれば事前に問い合わせてみましょう。

 

「ヘルスエイドビフィーナS」を安く購入するなら、楽天やアマゾンより公式サイトが最安値!

 

インターネット通販の中では、どこが「ヘルスエイドビフィーナS」を最安値で買えるのでしょうか?

 

森下仁丹の公式サイト・楽天市場(森下仁丹楽天市場店)・Yahoo!ショッピング(森下仁丹ONLINE SHOP ヤフーショッピング支店)・Amazon(森下仁丹のショップ)の4サイトを徹底比較してみましょう!

 

公式 楽天 Yahoo! Amazon
通常価格
(単品購入)
30日分
"3,856円→初回2980円 "3,065円→初回2980円 "3856円→初回2980円クーポン利用で2780円 3,856円
通常価格
(単品購入)
60日分
"7,344円→初回5875円 "7,344円→期間限定6609円 "7344円→クーポン利用で7144円 7,344円
定期購入価格
30日分
3,084円 3,470円 なし なし
定期購入価格
60日分
5,875円 6,609円 なし なし
送料 1回の注文で5,000円(税込)以上は送料無料。5,000円未満は一律360円。定期おとどけ便はいつでも送料無料。初回お試しは5000円未満でも送料無料。 1回の注文で5,000円(税込)以上は送料無料。5,000円未満は一律360円。 すべて無料

※2017年9月5日現在
※価格はすべて税込み

 

「ヘルスエイドビフィーナS」を単品購入する場合、30日分では2,375円のAmazonが最安値となっています。60日分では、初回のみ5,875円で買える公式サイトがもっともお得です。

 

ビフィーナ

 

また、「ヘルスエイドビフィーナS」を継続的に使うなら、割引が適用される定期購入が断然お得になりますが、定期購入が可能なのは公式サイトと楽天市場のみとなっています。ただし割引率が異なり、楽天市場では10%OFF、公式サイトでは20%OFFです。これなら、圧倒的に公式サイトのほうが安く買うことができますね!

 

ちなみに定期購入の送料は、公式サイト・楽天ともに無料となっています。

以上を踏まえますと、30日分を単品購入する場合はすべて公式サイトが一番お得ということになりそうです!

 

「ヘルスエイド ビフィーナ」を公式サイトで買うメリット

 

ビフィーナ

 

「ヘルスエイドビフィーナS」を公式サイトで購入することには、ほかにもいくつかのメリットがあります。

 

定期購入で「おまとめ買い」すると23%OFF!

公式サイトの定期購入(定期おとどけ便)は、通常20%OFFですが、1度のお届けで3個以上同じ商品を購入した場合は、さらに割引率が高くなり23%OFFとなります。

 

たとえば「ヘルスエイドビフィーナS」(60日分)を3個購入する場合、単品購入なら「7,344×3=22,032円」となるところ、定期購入で一度にまとめ買いすれば23%引きで「16,964円」となり、5,000円近くもお得になるのです!

 

「ヘルスエイドビフィーナS」を継続的に購入したい方は、ぜひ公式サイトの定期購入でおまとめ買いすることをオススメします。

 

さらにほかの商品も10%OFF!

公式サイトの定期おとどけ便を利用すると、定期おとどけ便以外の商品を購入する際も10%OFFとなります。

 

森下仁丹では、「ヘルスエイドビフィーナS」以外にもさまざまな商品がありますので、ほしいものがある時にお得に買い物できるのはうれしいポイントです♪

 

取扱商品が豊富!

公式サイトと楽天市場では、取扱商品はほぼ同じとなっていますが、Yahoo!ショッピングやAmazonでは取り扱いのない商品がいくつかあります(たとえば60日分はあるが30日分はないなど)。

 

公式サイトなら、森下仁丹のすべての商品が販売されていますし、上でご説明した通り定期おとどけ便を利用している方なら常に10%割引で購入できますので、とてもお得です。

 

フリーダイヤルでサポート面が安心

公式サイトでは、商品に関する問い合わせを、サイト上の「お問合せフォーム」「フリーダイヤル」の両方で受け付けています。

 

特に電話は、薬剤師や管理栄養士などを配置した「森下仁丹ヘルスコミュニケーションズ」という系列子会社が業務をおこなっていることもあり、薬との飲み合わせなどの専門的な相談にも乗ってもらえる点が大きなメリットです。

 

一方、楽天市場で購入した場合は基本的に楽天のサイトを通して問い合わせするようになっています。

きめ細かなアフターフォローを受けたいなら、やはり公式サイトからの購入がオススメです!

 

公式サイトで購入するデメリット

 

一方、「ヘルスエイドビフィーナS」を公式サイトから購入することのデメリットもいくつか考えられます。

 

届くまで日数がかかることがある

ビフィーナ

 

公式サイトでは、商品のお届けまでにかかる日数について「通常、ご注文日より7営業日以内」と説明されています(在庫の状況や交通事情などによって多少前後することがあります)。

 

ショッピングサイトの中には、「平日12時までの注文分は即日発送!それ以降は翌日発送!」となっているところも多いのですが、こうした言葉が一切ないところを見ますと、森下仁丹の公式サイトではスピーディな発送を特に売りにはしていないことがうかがえます。

 

それではほかのサイトはどうなのかといいますと、楽天市場・Yahoo!ショッピングはいずれも公式サイトと同じく「注文日から7営業日以内のお届け」です。どちらも森下仁丹の支店ですから、発送のタイミングは公式サイトと変わらないと思われます。

 

そんな中、唯一早い発送が期待できるのがAmazonです。Amazonで販売されている「ヘルスエイドビフィーナS」には「明日中にお届け」という文字があるため、かなりスピーディな発送に対応していることがわかります。

 

これは、森下仁丹ではなくAmazonが発送作業をおこなっているからです。Amazonの「ヘルスエイドビフィーナS」の商品ページには、「この商品は、森下仁丹ONLINE SHOPが販売し、Amazon.co.jp が発送します。」という文章がありますので、Amazonの配送センターに在庫がある場合は、注文確定後すぐに出荷準備が開始されると考えられます。

 

もし急ぎの場合は、Amazonでの購入を検討したほうがいいかもしれませんね。

 

通信販売サイトによってはポイントが付く!

ビフィーナ

 

基本的には公式サイトがもっともお得に「ヘルスエイドビフィーナS」を買えますが、他サイトで購入することのメリットに「ポイントの付与」があります。

 

たとえば、Yahoo!ショッピングではTポイント、楽天市場では楽天スーパーポイントを貯めることが可能です。もちろん、貯まったポイントを使って「ヘルスエイドビフィーナS」を買うこともできます。

 

特に楽天市場では、「ヘルスエイドビフィーナS」を定期購入すると、常に「ポイント10倍」になるという特典がついていますので、楽天スーパーポイントを貯めている方にはかなり魅力的です。

 

ビフィーナただし、意外と知られていませんが実は公式サイトにもポイントシステムがあります。「森下仁丹マイレージポイントサービス」というもので、100円の買い物につき1ポイント(1円相当)が還元されます。ポイントは、次回の買い物時に1ポイント1円として利用が可能です。「何ポイントから使える」という決まりもありませんので、いつでも買い物のたびに使うことができます。

 

さらに定期おとどけ便では2倍のポイントが付くため、ポイント還元率は2.0%です。たとえば「ヘルスエイドビフィーナS」(60日分)を2個、定期おとどけ便で購入すると、235円分のポイントが貯まります。

 

これからも「ヘルスエイドビフィーナS」を継続して使っていく予定の方は、ぜひ森下仁丹のポイントを貯めてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

 

「ヘルスエイドビフィーナS」を購入できる場所や、最安値で買えるサイトなどについてご紹介しました。

 

「ヘルスエイドビフィーナS」は継続して使った方が安定した効果が期待できますので、できれば定期購入がオススメです。特に公式サイトの定期購入では、商品価格が常に20%OFFとなるため、かなりお得に買うことができます。

 

森下仁丹のポイントシステムもなかなか魅力的ですので、できるだけお得に「ヘルスエイドビフィーナS」を購入したい方は、ぜひ森下仁丹の公式サイトから購入してみてくださいね。

bofina_14

 

\20%OFF+送料無料は公式ページのみ/

25middle

 

あわせて読みたい

【必見!】「ヘルスエイドビフィーナS」はなぜ機能性表示食品になった?

 

森下仁丹の人気ビフィズス菌(ロンガム種)サプリ「ヘルスエイドビフィーナS」は、機能性表示食品です。

 

機能性表示食品とは、「便通を改善する機能があることが報告されています」などの機能性が表示された食品のことで、消費者庁への届け出が必要となっています。

 

しかし、もともと「ヘルスエイドビフィーナS」は機能性表示食品ではなく、普通のビフィズス菌(ロンガム種)サプリでした。なぜそれが機能性表示食品になったのか、またそれによって何が変わったのか、などについてご説明していきます!

 

機能性表示食品ってどんなもの?

 

機能性表示食品は、事業者の責任において科学的根拠をもとに機能性を表示できる食品のことです。消費者庁への届け出が必要で、2017年9月現在は900件近くの届け出が受理されています。

 

食品の機能性とは、たとえば「おなかの調子を整える」「脂肪の吸収をおだやかにする」など、その食品を摂取することで得られるメリット(効果)のことです。

 

これまで、こうした機能性を表示できる食品は「特定保健用食品(トクホ)」と「栄養機能食品」の2つしかなかったのですが、どちらも基準が厳しいことからなかなか数が増えないという問題がありました。

 

そこで、2015年4月から新しく始まったのが「機能性表示食品」の制度です。トクホと違って国の認可を受ける必要はなく、消費者庁への届け出が受理されれば機能性を表示することができます。

 

「ヘルスエイドビフィーナS」が機能性表示食品になった経緯とは?

 

森下仁丹のヘルスエイドビフィーナ®シリーズは、もともとは「ビフィーナシリーズ」として1993年から発売開始されました。第1号は「ビフィーナ10」というサプリで、その後もさまざまな商品が登場します。

 

そして現在の「ヘルスエイドビフィーナS」の前身となるのが、2008年に発売開始された「ビフィーナS」という商品です。この時点ではまだ機能性表示食品の制度自体がなかったため、普通のビフィズス菌(ロンガム種)サプリとして販売されていました。

 

その後、2015年4月に機能性表示食品の制度がスタートすると、森下仁丹はこれまでのビフィーナ商品(R・S・EX・Sパール)を機能性表示食品として消費者庁に届け出て、6月には機能性表示食品専用のブランド「ヘルスエイド」を立ち上げました。

 

ビフィーナ商品に「ヘルスエイド」という名前がつくようになったのは、この時からです。

 

機能性表示食品の制度が始まってからすみやかに届け出をおこなったため、ヘルスエイドビフィーナ®シリーズは日本で初めて機能性表示食品として届け出されたビフィズス菌(ロンガム種)サプリとなりました。ちなみに「ヘルスエイドビフィーナS」の届出番号は「A14」ですが、機能性表示食品の届出番号は「A1」から始まっていますので、いかにスピーディであったかがわかりますよね!

 

「ヘルスエイドビフィーナS」の機能性表示食品としての情報は、以下のようになっています。

 

機能性関与成分 ビフィズス菌(ロンガム種)(ロンガム種BB536)25億個
届出表示 本品には生きたビフィズス菌(ロンガム種)(ロンガム種BB536)が含まれます。ビフィズス菌(ロンガム種)(ロンガム種BB536)には腸内フローラを良好にし、便通を改善する機能があることが報告されています。

 

こうして、普通のビフィズス菌(ロンガム種)サプリだった「ビフィーナS」は「ヘルスエイドビフィーナS」へと変わり、パッケージに「腸内フローラを良好にし、便通を改善する機能があることが報告されています」という機能性を表示できるようになったのです。

 

「ヘルスエイドビフィーナS」が機能性表示食品になる前となった後で何が変わった?

 

「ヘルスエイドビフィーナS」が機能性表示食品になったことで変わったのは、おもにパッケージや表示内容です。製品の原料や、ビフィズス菌(ロンガム種)を閉じ込めるカプセルの構造などは変わっていません。

 

つまり、もともと安全性や機能性に優れていたビフィーナSが、機能性表示食品の制度が始まったことで堂々と機能性をうたえるようになった、ということでしょう。

 

実際に変わった部分としては、パッケージに「機能性表示食品」の文字や「届出番号」が記載されるようになったほか、上でご紹介した「機能性関与成分」や「届出表示」も表示されるようになったことです。

 

普通のサプリでは、たとえどんなに体にいい成分が含まれていたとしても具体的な機能性を表示することができないため、それを表示できるようになったのは大きな変化だといえます。

 

機能性表示食品の制度が始まったことで、消費者が商品を選ぶ際の目安が増え、より自分に合ったものを選びやすくなったことが大きなメリットです!

 

まとめ

 

人気のロングセラービフィズス菌(ロンガム種)サプリ、「ヘルスエイドビフィーナS」が機能性表示食品になった経緯などについてご紹介しました。

 

機能性表示食品になったからといって大きなリニューアルがあったわけではなく、「ヘルスエイド」という機能性表示食品ブランドの一つになったことと、パッケージに機能性を表示できるようになったことがおもな変化といえます。

 

含まれるビフィズス菌(ロンガム種)の数は変わりませんし、ビフィズス菌(ロンガム種)を熱や胃酸から守る「ハイパープロテクトカプセル」が使用されているのも以前と同じです。つまり、もともと良い製品だったものが「お墨付き」をもらった、という感じですね!

 

今後リニューアルされることがあれば、より改良を重ねてさらにパワーアップした「ヘルスエイドビフィーナS」が登場するのかもしれません。

 

あわせて読みたい

【保存】「ヘルスエイドビフィーナsパール」で便通改善!効果の違いなどQ&Aで説明

「ヘルスエイド ビフィーナS」パール森下仁丹から出ている大人気ビフィズス菌(ロンガム種)サプリ、ヘルスエイドビフィーナ®シリーズ。

その中で、唯一顆粒タイプではなくカプセルタイプになっているのが「ヘルスエイドビフィーナS」(スーパー)パール」という商品です。

ほかのシリーズ商品と成分や効果に違いはあるのか、また最安値で買えるサイトはどこか、などについての情報をお伝えしていきます!

「ヘルスエイドビフィーナSパール」の基本情報

ヘルスエイドビフィーナ®シリーズは、1993年から発売されているビフィズス菌(ロンガム種)サプリですが、「ヘルスエイドビフィーナSパール」は2014年に発売開始された、比較的新しい商品です。

従来のシリーズ商品と比べて、以下のような点に違いがあります。

顆粒が苦手な方でも安心のカプセルタイプ

「ヘルスエイドビフィーナSパール」は、シリーズ中唯一のカプセルタイプです。

ほかのシリーズ商品が、スティック状の個別包装に入った顆粒タイプになっているのに対し、「ヘルスエイドビフィーナSパール」はガラス瓶にまとめて入っています。

カプセルタイプといっても形状は丸いため、錠剤に近い感じです。また非常に硬く、簡単に噛み砕けないようになっています(噛まずにそのまま飲むサプリです)。

顆粒タイプはスッと水に溶けるのがいいところなのですが、人によっては苦手ということもあるでしょう。そのような方には、「ヘルスエイドビフィーナSパール」がオススメです!

オリゴ糖が配合されていない

ヘルスエイドビフィーナ®シリーズの商品には、ビフィズス菌(ロンガム種)や乳酸菌のほかにオリゴ糖も配合されています。

オリゴ糖は自然界に存在する天然の甘味料で、砂糖より甘味が少なく低カロリーだとしてダイエッターに人気ですが、同時に「腸内の有用菌を増やす」というはたらきもあります。人の消化酵素で分解されないオリゴ糖は、小腸で吸収されることなく大腸へ運ばれて、そこでビフィズス菌(ロンガム種)をはじめとする有用菌のエサになるからです。

このようなはたらきから、オリゴ糖は多くのビフィズス菌(ロンガム種)サプリに含まれているのですが、人によっては体質に合わないことがあります。その場合、お腹がゆるくなったり、ガスがたまったりすることがあるようです。特に牛乳を飲むとお腹を壊してしまう「乳糖不耐症」の人は、オリゴ糖でお腹がゆるくなるリスクが高いといわれています。

また、単純に「オリゴ糖の味が苦手」という人も少なくありません。ヘルスエイドビフィーナ®シリーズの顆粒を見ると、ビフィズス菌(ロンガム種)の入った黄色いカプセルと、乳酸菌が入った白いカプセルのほかに、白く細長い粉末がたくさんありますが、これがオリゴ糖です。中には、この味が苦手で顆粒タイプが飲みにくいと感じる人もいます。

そのような人々からの要望を受け、「ヘルスエイドビフィーナSパール」ではオリゴ糖が完全カットされていますので、オリゴ糖が体質に合わない人でも安心して摂取できます!

「ヘルスエイドビフィーナSパール」の効果はSと同じ?

「オリゴ糖が含まれていなくて、形状がカプセルタイプになっているのはわかったけれど、それ以外で「ヘルスエイドビフィーナS」と違うところはあるの?」と疑問に思う方もいらっしゃると思います。

「ヘルスエイドビフィーナS」と「ヘルスエイドビフィーナSパール」の基本情報を見てみましょう。

「ヘルスエイドビフィーナS」 「ヘルスエイドビフィーナSパール」
ビフィズス菌(ロンガム種)の配合量 50億個 50億個
1包あたりの栄養成分 1包(1.4g)当たり
エネルギー:5.1kcal
たんぱく質:0.16g
脂質:0.41g
炭水化物:0.84g
食塩相当量:0.0012g
2粒あたり
エネルギー:2.2kcal
たんぱく質:0.066g
脂質:0.20g
炭水化物:0.048g
食塩相当量:0.0010g
価格(単品購入時) 30日分:3856円
→初回購入時のみ2980円(23%OFF)60日分:7344円
→初回購入時のみ5875円(20%OFF)
30日分:3856円
→初回購入時のみ3084円
60日分:7344円
→初回購入時のみ5875円
価格(定期おとどけ便) 30日分:3084円60日分:5875円 30日分:1987円60日分:5875円

まずビフィズス菌(ロンガム種)の数ですが、「ヘルスエイドビフィーナS」には1包あたり50億個が含まれているのに対し、「ヘルスエイドビフィーナSパール」には1粒に25億個含まれています。これを1日2粒摂取しますので、どちらも同量のビフィズス菌(ロンガム種)をとることができます。

栄養成分も大きく変わりませんが、オリゴ糖が含まれていない分、「ヘルスエイドビフィーナSパール」のほうがエネルギーや炭水化物などが少なめです。

また、「ヘルスエイドビフィーナS」では直径2.5mmの複数のカプセルの中にビフィズス菌(ロンガム種)が入っていますが、「ヘルスエイドビフィーナSパール」では直径6.5mmの1つのカプセルの中にまとめて入っています。カプセルは、どちらも森下仁丹独自の「ハイパープロテクトカプセル」ですので、胃酸や熱にやられずビフィズス菌(ロンガム種)を腸まで届けることが可能です。

以上のことから、両者に効果の違いはなく、単純に「どちらが飲みやすいか」だけで選んでかまわない、ということがわかります。価格も一緒ですので、顆粒タイプやオリゴ糖が苦手な方は安心して「ヘルスエイドビフィーナSパール」を選んでください!

 

 

「ヘルスエイドビフィーナSパール」の口コミ

「ヘルスエイドビフィーナパール」は顆粒状のものよりも割高です

「ヘルスエイドビフィーナパール」を飲み始めて一年になる40代の女性です。
ここ数年で排便回数が減ってきたので乳酸菌でお腹の調子を整えたいと思ったので毎日飲むようにしています。

最初は顆粒状を購入していたのですが、より飲みやすい粒状の「ヘルスエイドビフィーナパール」に変えて継続中です。
便通解消対策には効果がしっかりあるのは嬉しいのですが、パールのほうが顆粒状タイプよりかなり割高な感じがしています。
もう少しお手頃な価格にしてほしいです。

顆粒タイプが苦手という方に「ヘルスエイド・ビフィーナ パール」

29歳女性
近所のドラッグストアに新製品として置いてあったので購入しました。
パールという名前の通り丸い粒型のサプリメントとなっておりとても飲みやすいサプリメントです。

効き目はビフィーナRと同程度の印象です。
腹痛や便通をしっかりと抑えることができ、安心かつ安全に便通の改善を実感できています。

この商品は他のビフィーナ商品のような、顆粒タイプのサプリメントが苦手という方に特におすすめできるサプリメントです。
顆粒タイプでは口内に後味が残りやすいのですが、この商品はそういうことはありませんでした。

「ヘルスエイドビフィーナパール」は排便回数が減った時に飲むと下してしまうので注意

40歳の独身男性で1ヶ月ぐらい便通がない状態が続いていたので便通解消に効果的なビフィズス菌(ロンガム種)を摂取する事が出来る「ヘルスエイドビフィーナパール」を飲み始めました。

粒状になっているので水と一緒に飲むだけで手軽だと思いましたが、一週間後に腹痛が送るようになり下してしまうのが続くようになってしまいました。

ヘルスエイドビフィーナパールは排便回数低下にはいいかもしれませんが、排便回数が減り気味の時に飲むと下してしまうので注意しなければいけないと思いました。

「ヘルスエイドビフィーナパール」はコスパが悪いです

排便回数が減ってきている45歳女性です。
かれこれ半年以上「ヘルスエイドビフィーナパール」で便通解消対策をしています。

飲みやすいパールの形の小粒錠で気に入っていますが二個では50億個のビフィズス菌(ロンガム種)にしかならないので便通にしっかり効果がでてきません。
なので1日に朝と夜に二個ずつ飲んで100億個のビフィズス菌(ロンガム種)を摂取しています。

これで便通がほぼ解消しているのでありがたいのですが、この方法で飲んでいるとひと瓶が1ヶ月しかもたないのでコスパが悪過ぎます。
ビフィズス菌(ロンガム種)100億タイプの「ヘルスエイドビフィーナパールEX」のパール錠も作って欲しいです。

飲みやすい「ヘルスエイドビフィーナパール」

40歳、女性です。
女性に多い便通問題ですが、私も時々悩んできました。

「ヘルスエイドビフィーナパール」を飲んでいると、1週間くらいすると、便通がよくなりました。
なかなかすっきりできなくて、お腹が張っていることも多かったけど、最近では心配がなくなりました。

「ヘルスエイドビフィーナパール」は1日に2粒でいいし、錠剤タイプなので飲みやすい点がいいと思っています。

「ヘルスエイドビフィーナパール」を飲んだ体験

40代女性です。
お腹の健康のために「ヘルスエイドビフィーナパール」を飲み続けています。

顆粒状のビフィーナを上手に飲むのが苦手だったので錠剤のビフィーナパールにしてみました。
これですと小さな錠剤なので楽に飲めるので助かります。

便通解消のために飲んでいますが今のところは、便通の回数も随分増え良くなってきました。
ほぼ毎日排便があるので便通の改善を実感できています。

「ヘルスエイドビフィーナパール」を飲んでみた率直な感想

三十代の男性です。
ここ半年ほどお腹がゆるくなったり張ったりとあまり調子がよくなかったので便通などに効果があるというこちらの商品を購入してみました。

正直な感想を述べると期待していたほどの効能は見込めませんでした。
お腹の張りは少し改善されたかな?という感じですが便通に関しては緩いままです1錠1錠意外と大きいので私のようなあまり大きな薬を飲み込むのが苦手な人には合わないと思いました。

とても小さくて飲みやすいのが魅力的

「ヘルスエイドビフィーナパール」は名前の通り、錠剤がパールのようにとても小さくて、粒を飲むのが苦手な私でも無味無臭で飲みやすかったです。

ビフィズス菌(ロンガム種)や乳酸菌などの成分が多く配合されていることもあり、1日1回はほぼ排便されるようになり便通の改善を実感できています。
また容器に関しても1か月分タイプに関しても手のひらサイズで持ち運びに便利でした。

胃酸に強くて腸まで届く!

私は28歳女です。
私は便通を整えて、排便をきちんとしたいのでヨーグルトを飲んだり野菜を摂ったりしましたがなかなか続きませんでした。

なので「ヘルスエイドビフィーナパール」を飲むようになりました。

それからは苦労せず便通が改善されヨーグルトのようにお腹が痛くなったり野菜も少し摂れば良くなったので助かってます。
野菜が苦手だったり乳製品が苦手な方にも楽にビフィズス菌(ロンガム種)が摂取できるのでとてもお勧めです。

毎日すっきり快調!

私は38歳の男性です。
若い頃は毎日便通がありましたが、30台後半になると、排便回数が減りがちになり、たまに出る便もカチカチ。

排便がないことによって時々、冷や汗や吐き気に悩まされる事がありました。

そんな時、「ヘルスエイドビフィーナパール」の存在を知りました。
生きたままビフィズス菌(ロンガム種)を腸に届け、それにより排便回数を増やすというもので、今の私にぴったりの商品だと思い、すぐに購入しました。

飲み始めて、1週間くらいすると、硬い便がやわらかくなり、排便しやすくなりました。
2週間くらいすると、毎朝ほぼ排便が見られるようになりました。

今でも継続していて、完全に便通が解消されました。
歳とともに減って行くビフィズス菌(ロンガム種)。
若い時は排便がないなんてことはなかったのに、歳をとってから排便が減ったという方に是非オススメです。

「ヘルスエイドビフィーナパール」の効果と感想

私は便通に悩まされる23歳の男性です。
今回、口コミで評判が良いとされていた「ヘルスエイドビフィーナパール」を初回限定お試し価格で体験してみました!

率直な感想としては、「初回60日分ではさほど効果は感じられない」ということです。
効果に個人差はあるのかもしれませんが、私はほんの少しだけ便通が良くなったかもしれないと感じる程度で、あまり効果を感じることができませんでした。

悪い評価になってしまった理由としましては、効果に対して値段が高すぎる点にあります。
初回限定で定期購入したとしても1個あたり5,875円という価格は少々値が張るといっても過言ではないでしょう。

この金額よりも安価で効果があると口コミで言われている便通改善の薬は他にも存在するします。
以上のことから、「ヘルスエイドビフィーナパール」は「お買い損」な便通改善薬であるといえるでしょう。

効果が現れるまでが非常に早い

私(28歳・女)の専らの悩みは便通問題でしたが、ヘルスエイドビフィーナRを飲み始めてたところ、症状が一気に改善しましたよ。

今までは例え便意を催しても、なかなか出せずにただ時間だけが過ぎていましたが、今では便座に座るや否やスッキリドッサリ!
「ヘルスエイドビフィーナR」以外には何も便通改善効果を実践していなかったので、同商品の効果であることは一目瞭然です。

ちなみに今までにも便通改善対策のために、様々なサプリメントを摂取してきましたが、ここまで効果が早かったのは初めてです。
なので、短期間で症状改善を期待している方にはうってつけの商品化と思われます。是非お試しを。

便通が解消出来たのは「ヘルスエイドビフィーナパール」のお陰
私は20代の間ずっと便通に悩んでいたのですが、30歳を迎えた今年ついにその便通問題とお別れすることが出来ました。
私の便通を解消してくれたのは「ヘルスエイドビフィーナパール」という商品です。見た目はよくある錠剤タイプの整腸剤なのですが、この「ヘルスエイドビフィーナパール」のポイントは、特殊な技術により生きたままのビフィズス菌(ロンガム種)を腸に届けられるというところです。その効果はとても高く、服用を始めてからたったの1週間でこれまで1週間に2日しかなかった排便が4日も来るようになりました。
排便回数が増えたせいか、体重も落ち、時々感じていた重く怠いお腹の痛みもなくなりました。服用から1ヶ月が経とうとしている今は、便通問題が嘘のように毎日排便があります。今後も「ヘルスエイドビフィーナパール」で、便通問題知らずの健康体を維持していきたいと思っています。

飲みやすい乳酸菌サプリの「ヘルスエイドビフィーナパール」で便通が改善

以前は「ヘルスエイドビフィーナs」という顆粒状の乳酸菌を飲んでいたのですがちょと飲みにくくて苦手だったので粒状の「ヘルスエイドビフィーナパール」に乗り換えました。

1日にたった2粒飲むだけで必要量の乳酸菌をしっかり腸に届けてくれるので毎日楽に続けられています。

おかげでしつこい便通問題も改善して、ポッコリお腹もペタンコになりました。
乳酸菌習慣をお腹のためにも継続していきたいです。

「ヘルスエイドビフィーナパール」は飲みやすくて続けやすいのがメリットでしょう

乳酸菌はとても大事ですが忙しいので健康食品で摂りたいなと思っていました。
そこで見つけたのが森下仁丹の「ヘルスエイドビフィーナパール」でした。

こちらは顆粒タイプではなくパールっぽい丸い形状となっているのが特徴であり、顆粒が苦手な自分としてはとても飲みやすくて便利でした。

40代間近の男ですが脂っこいものが好きであり、しかし整腸効果がきちんと出てくれたので朝方のスッキリさが嬉しいですね。
男性でも飲みやすいのでおすすめです。

 

疑問を解消!「ヘルスエイドビフィーナSパール」のQ&A

ここでは、「ヘルスエイドビフィーナSパール」について気になる質問を集めてみました。

効果以外の点で、「ヘルスエイドビフィーナS」との違いは何かある?

「ヘルスエイドビフィーナSパール」は、サプリとしての効果も価格も「ヘルスエイドビフィーナS」と変わりませんが、唯一異なる点があるとすれば「容器」や「形状」です。

顆粒タイプの「ヘルスエイドビフィーナS」は、スティック状の個別包装に入っていますので持ち運びに便利ですが、「ヘルスエイドビフィーナSパール」はまとめてビンに入っているため、ビンごと持ち運ぶか、必要な分だけをピルケースなどに移す必要があります。

また、どちらが飲みやすいかは個人差が大きいようです。「ヘルスエイドビフィーナS」は顆粒タイプなので水にすぐ溶けますが、「ヘルスエイドビフィーナSパール」は少し大きめのカプセルタイプなので、人によっては少し飲みにくいと感じるかもしれません。

ただ、顆粒タイプが苦手な人には「ヘルスエイドビフィーナパール」のほうが飲みやすいでしょう。

 

返金保証はありますか?

残念ながら、ヘルスエイドビフィーナ®シリーズには返金保証の制度がありません。

体質に合うかどうか不安な方は、まず30日分から始めて様子を見ることをおすすめします。初回購入時に限り、特別価格が適用されますのでお得です!「ヘルスエイドビフィーナSパール」30日分なら、通常価格3,856円のところ初回のみ3,084円(20%OFF)で購入できます。

初めての人は、Sよりパールのほうがいいですか?

上でもお伝えしたように、「ヘルスエイドビフィーナS」とSパールのおもな違いは「形状」と「オリゴ糖の有無」だけですので、あとは好みで選べばいいということになります。

ただし、特にこだわりがないのであれば「ヘルスエイドビフィーナS」から始めるのがオススメです。顆粒タイプのほうがヨーグルト味がついていますし、水にスッと溶けるため飲みやすいと感じる人が多いと思います。

「ヘルスエイドビフィーナSパール」は、基本的に「顆粒やオリゴ糖が苦手な人」に向いている商品です。

どのサイトで買うのが一番お得なの?

「ヘルスエイドビフィーナSパール」は、複数のサイトで買うことができます。

ここでは、森下仁丹の公式オンラインショップ・楽天市場(森下仁丹楽天市場店)・Yahoo!ショッピング(森下仁丹ONLINE SHOPヤフーショッピング支店)・Amazon(森下仁丹のショップ)の4サイトでの価格を比較してみました。

森下仁丹公式 楽天 Yahoo! Amazon
30日分 3,856円
→初回3,084円
3,856円
→初回3,470円
3,856円
→クーポン利用で3,656円
なし
60日分 7,344円
→初回5,875円
7,344円
→初回6,609円
7,344円
→クーポン利用で7,144円
7,344円

定期おとどけ便価格

30日分 3,084円 3,470 なし なし
60日分 5,875円 6,609円 なし なし

送料

・1回の注文で5,000円(税込)以上は送料無料。5,000円未満は一律360円。
・ 定期おとどけ便はいつでも送料無料。
・ 初回お試しは5,000円未満でも送料無料。 1回の注文で5,000円(税込)以上は送料無料。5,000円未満は一律360円。 すべて無料
枠内の記事本文

※2017年9月3日現在
※価格はすべて税込み

上記を見ますと、もっともお得に「ヘルスエイドビフィーナSパール」を購入できるのは、森下仁丹の公式ショップであることがわかります。特に割安なのは定期おとどけ便で、常に20%OFFの価格で購入が可能です!

さらに、定期おとどけ便で1回3個以上を届けてもらう場合は23%OFFとなります。継続的に「ヘルスエイドビフィーナSパール」を使いたい方は、「60日分を3個注文」して180日分を一気にGETし(22,032円→16,964円)、これを半年に1度のペースで繰り返すことをオススメします♪

 

まとめ

シリーズ中、唯一のカプセルタイプである「ヘルスエイドビフィーナSパール」」をご紹介しました。

この商品は、「顆粒が苦手」「オリゴ糖が苦手」というユーザーからの声に応える形で開発されたものです。特にこうした問題がないのであれば、基本的には顆粒タイプの「ヘルスエイドビフィーナS」から始めるのがオススメですが、顆粒やオリゴ糖が苦手な方はぜひ「ヘルスエイドビフィーナSパール」を試してみましょう!

含まれるビフィズス菌(ロンガム種)の数や、期待できる効果、価格などはいずれも「ヘルスエイドビフィーナS」と変わりありませんので、安心して始めてみてくださいね。

あわせて読みたい

「ヘルスエイドビフィーナEX」のすべて!便通改善に役立つ口コミ情報

ビフィーナExとSの比較「ヘルスエイドビフィーナEX」について紹介します。1993年の発売以来、多くの愛用者から支持されているビフィズス菌(ロンガム種)サプリ、ヘルスエイドビフィーナ®シリーズ。その中でも、もっともビフィズス菌(ロンガム種)の配合量が多いのが「ヘルスエイドビフィーナEX」(エクセレント)」です。2001年に登場し、2005年には「機能性表示食品」としてリニューアルされた「ヘルスエイドビフィーナEX」。一体どんな特徴を持つサプリで、どんな人にオススメなのか?また、最安値で買えるサイトや、実際に使った人の口コミなどもご紹介していきます!

 

「ヘルスエイドビフィーナEX」の基本情報

まずは、「ヘルスエイドビフィーナEX」のスペックについてまとめてみました。

機能性(効果)

ビフィーナEX「ヘルスエイドビフィーナEX」は、ほかのシリーズ商品と同じく「機能性表示食品」です。機能性表示食品とは、事業者の責任のもとで科学的根拠に基づいた機能性を表示できる食品のことで、消費者庁に届け出がされています。「ヘルスエイドビフィーナEX」の機能性に関する表示は、以下の通りです。

  • 機能性関与成分 ビフィズス菌(ロンガム種)(ロンガム種BB536)100億個

届出表示 本品には生きたビフィズス菌(ロンガム種)(ロンガム種BB536)が含まれます。ビフィズス菌(ロンガム種)(ロンガム種BB536)には腸内フローラを良好にし、便通を改善する機能があることが報告されています。

「ヘルスエイドビフィーナEX」の機能性関与成分(機能性にかかわる成分)は、ロンガム種のビフィズス菌(ロンガム種)です。その数100億個と、ヘルスエイドビフィーナ®シリーズ中最多となっています。

内容量と価格

「ヘルスエイドビフィーナEX」は、現在「30日分・60日分」の2つの容量が販売されています。

30日分(30包) 5,400円
60日分(60包) 10,152円

※価格はいずれも税込み

「ヘルスエイドビフィーナEX」は、100億個ものビフィズス菌(ロンガム種)が配合されていることもあって、シリーズ中もっとも価格は高くなっています。

ただし、上記は単品購入時の通常価格ですので、定期おとどけ便にすれば割引が適用されます。

 

「ヘルスエイドビフィーナS」と効果の違いはある?

ビフィーナexとsの比較

ヘルスエイドビフィーナ®シリーズの中でも、一番人気といわれる「ヘルスエイドビフィーナS(スーパー)」との違いをまとめてみました。

「ヘルスエイドビフィーナS」 「ヘルスエイドビフィーナEX」
ビフィズス菌(ロンガム種)の配合量 50億個 100億個
1包あたりの栄養成分 1包(1.4g)当たり
エネルギー:5.1kcal
たんぱく質:0.16g
脂質:0.41g
炭水化物:0.84g
食塩相当量:0.0012g
1包(2.0g)当たり
エネルギー:8.8kcal
たんぱく質:0.28g
脂質:0.73g
炭水化物:0.89g
食塩相当量:0.0024g
価格(単品購入時) 30日分:3856円
→初回購入時のみ2980円(23%OFF)60日分:7344円
→初回購入時のみ5875円(20%OFF)
30日分:5,400円→初回購入時のみ4,320円(20%OFF)

60日分:10,152円
→初回購入時のみ8,121円(20%OFF)

価格(定期おとどけ便) 30日分:3,084円60日分:5,875円 30日分:4,320円60日分:8,121円

※価格はすべて税込み
※森下仁丹の公式ONLINE SHOPでの販売価格

「ヘルスエイドビフィーナS」とEXの大きな違いは、含まれるビフィズス菌(ロンガム種)の数です。「ヘルスエイドビフィーナS」には50億個のビフィズス菌(ロンガム種)が配合されているのに対し、「ヘルスエイドビフィーナEX」には2倍にあたる100億個のビフィズス菌(ロンガム種)が含まれていますので、より高い効果が期待できます。

★ヘルスエイドビフィーナ®シリーズR・S・EXの3種類の比較をもっと見る★ ヘルスエイド ビフィーナ SとRとEXの違いについて

その分、価格は「ヘルスエイドビフィーナEX」のほうが高めです。ただし定期おとどけ便を利用すれば、20%割引で購入できます。

★EXより安い「ヘルスエイドビフィーナS」を詳しく見る★→ 「ヘルスエイド ビフィーナs」を安く買う方法

 

「ヘルスエイドビフィーナEX」とS、どっちから始めればいい?

その人その人の体質や便通の状況などにもよりますが、基本的には「ビフィズス菌(ロンガム種)の少ないものから試して、効果が十分でなければ多いものに変えていく」のが無難です。

もし、「ヘルスエイドビフィーナS」や、よりビフィズス菌(ロンガム種)の数が少ない「ヘルスエイドビフィーナR」(レギュラー)でも十分な効果が得られるなら、わざわざ高いEXを購入しなくてもいいからです。

一方、「RやSを試したけれど今ひとつだった方」や、「頑固な便通の悩みを長年抱えている方」などには、「ヘルスエイドビフィーナEX」が向いています。シリーズ中もっとも高価格ですので、ほかのシリーズから始めて、最後にEXを使う、という流れが基本的にはオススメです。

 

定期便で、「ヘルスエイドビフィーナEX」をお得に買おう!

シリーズの中でも価格の高い「ヘルスエイドビフィーナEX」をお得に購入するためには、「定期おとどけ便」を利用するのが一番です!

定期おとどけ便とは、毎月・隔月・3ヶ月おきなど自分の好きな間隔でヘルスエイドビフィーナ®シリーズを届けてもらうもので、単品購入するよりも多くのメリットがあります。

いつでも20%OFFで買える!

定期おとどけ便で購入した商品は、常に20%割引となります。「ヘルスエイドビフィーナEX」の場合、30日分は「5,400円→4,320円」、60日分は「10,152円→8,121円」になるため、かなりお得です♪

3個以上のまとめ買いでは、23%OFF!

1回につき3個以上を届けてもらう場合は、さらに割引率がアップして23%OFFとなります。

たとえば「ヘルスエイドビフィーナEX」60日分を3個買う場合、通常価格ですと「10,152×3=30,456円」となるところ、定期おとどけ便にすると23%OFFの「23,451円」となり、7,000円近く安くなります!

送料はいつでも無料!

単品購入の場合、合計金額が5,000円以上でないと360円の送料がかかりますが、定期おとどけ便ではいつでも無料です。

マイレージポイントが2倍もらえる!

森下仁丹の公式オンラインショップには、マイレージポイントのサービスがあります。

通常は100円の買い物につき1ポイント(1円相当)が貯まるのですが、定期おとどけ便で購入した商品は2倍になるため、100円につき2ポイント(2円相当)で、還元率は0.2%です!

貯まったポイントは、森下仁丹での買い物に使うことができます。

公式・Amazon・楽天・ヤフーショップで一番安く買えるのはどこ?

「ヘルスエイドビフィーナEX」は、どのサイトで買うのが一番お得なのでしょうか?

ここでは、森下仁丹の公式ショップ・楽天市場(森下仁丹楽天市場店)・Yahoo!ショッピング(森下仁丹ONLINE SHOP ヤフーショッピング支店)・Amazon(森下仁丹のショップ)の4サイトを比較してみました!

森下仁丹公式 楽天 Yahoo! Amazon
30日分 5,400円
→初回4,320円
5,400円
→初回4,860円
5,400円
→初回4,320円
4,374円
60日分 10,152円
→初回8,121円
10,152円
→期間限定9,136円
10,152円 8,223円

定期おとどけ便価格

30日分 4,320円(20%OFF) 4,860円(10%OFF) なし なし
60日分 8,121円(20%OFF) 9,136円(10%OFF) なし なし

送料

・1回の注文で5,000円(税込)以上は送料無料。5,000円未満は一律360円。
・ 定期おとどけ便はいつでも送料無料。
・ 初回お試しは5,000円未満でも送料無料。 1回の注文で5,000円(税込)以上は送料無料。5,000円未満は一律360円。 すべて無料
枠内の記事本文

※2017年9月4日現在
※価格はすべて税込み

上記を見ますと、「ヘルスエイドビフィーナEX」をもっともお得に購入できるのは「公式ショップ」であることがわかります。森下仁丹の公式オンラインショップでは、30日分・60日分ともに初回のみ20%引きの特別価格で購入できます。

また、定期おとどけ便は楽天市場からも申し込めますが、割引率が10%なのがネックです。公式ショップの定期おとどけ便は20%OFFですので、この差は大きいといえるでしょう。

 

「ヘルスエイドビフィーナEX」の口コミまとめ

ビフィーナEX「ヘルスエイドビフィーナEX」の実際の評価はどうなっているのでしょうか?

楽天市場の「みんなのレビュー・口コミ」を見ますと、「ヘルスエイドビフィーナEX」(60包)の総合評価は、全90件で「4.39」となっています。☆5つ中4,39というのは、かなりの高評価です!

実際に「ヘルスエイドビフィーナEX」を試した人の口コミをいくつかご紹介しましょう。

「ヘルスエイドビフィーナEX」で長年の便秘を解消

長年便通に悩まされ続けてきた37歳の男です。
学生時代から便通に悩み、下剤を使わなければならないことも多々ありました。
ですが、ある日ネットの口コミで「ヘルスエイドビフィーナEX」が便通に大きな効果を発揮するとの感想を読み、藁にもすがる思いで購入してみました。

僕はこれまで錠剤タイプの整腸剤しか利用したことがなかったので、「ヘルスエイドビフィーナEX」のような顆粒タイプは初めてでした。
粒も大きめで飲み込むのに苦労しそうだと思っていたのですが、まったくそういうことはなく逆にするりと飲み込むことが出来ました。

また、薄らとレモンの味も付いているので、水なしで噛みながらでも飲めるというのも他の商品にはないポイントでした。
肝心の効果ですが、まず1週間目で、2日に1度便通が来るようになり、次の2週間目では2日続けて便通がある日もありました。

そして、3週間目になると毎日便通があり、4週間目に入った現在では毎日の便通が当たり前のようになりました。
お陰でお腹の張りもなくなり、体に軽さを感じるまでになりました。

これからも「ヘルスエイドビフィーナEX」を継続し、便通問題を完全に克服したいと思っています。

続けて購入するには高い

36歳女で昔から便通に悩んできました。
そこで何かいい物はないか探して、「ヘルスエイドビフィーナEX」を購入してみました。

中身は粉と少し大きい粒が混じった物で、匂いもなく飲みやすいです。
何日か飲み続けて便通は解消されました。

効果はありましたが値段が高いです。
飲み続ければ効果はずっと続くと思うのですが、買い続けるには値段が高くて無理だと私は感じました。

シリーズの中で一番の効果だと思います

私は50歳の女性です。
これまで排便がないせいでポッコリお腹だったり、体調もあまりよくありませんでした。
なんとか改善したいと思って乳酸菌サプリのヘルスエイドビフィーナ®シリーズを試してきたのですが、あまり効果がありませんでした。そこでシリーズの中でもビフィズス菌(ロンガム種)の多い「ヘルスエイドビフィーナEX」に変更。
そうしたらすごく効果があって、便通もよくなってポッコリお腹が改善。体調も良くなりました。
早くこの商品を試せばよかったです。
間違いなくシリーズの中で一番の効果だと思います。

コスパは悪いと言わざるを得ません

健康にはかなり気を遣っているので、色んなサプリメントを試しています。
その中でも「ヘルスエイドビフィーナEX」はかなり高額な部類に属するサプリメントなのですが・・。

正直言って、価格相応の効果が備わっているようには思えないんですよね。

ビフィズス菌(ロンガム種)や乳酸菌を配合したサプリメントは他にもたくさんありますが、安くても十分効果を実感できるものが多数あります。

それを考えると、「ヘルスエイドビフィーナEX」のコスパは悪いと言わざるを得ません。

ビフィーナEXの絶大な整腸作用でお腹が元気になりました

45歳の主婦です。
40代になってからはお腹の調子が万全ではなくなりました。

例えば便通がなくなったりガスがたまったり、すぐ下してしまうなど、腸の働きが弱まっていることを実感していました。

乳酸菌をしっかり取り入れたくて通常のビフィーナの2倍の100億もの乳酸菌量なので確かに即効性があるように感じました。
ビフィーナEXを飲むようになってからは下したり便通がなくなるといったことはなくなりました。

「ヘルスエイドビフィーナEX」を飲んで不安定な便通が改善しました

29歳、男性です。
元々子供の頃からおなかが弱い方だったのですが、最近特にお腹を下したり、かと思えば便通がなくなったりという日々が続くようになったので、なにかしらの方法で状況を改善しなければという思いを強く抱くようになりました。

それで利用するようになったのが「ヘルスエイドビフィーナEX」です。
ヨーグルトを毎日食べるよりも、楽に乳酸菌がとれそうだなという思いで、最初は利用し始めたのですが、思った通りに手軽でとても良かったです。

おなかの調子は相変わらず下したり便通がなくなったりですが、いきなり下したり排便が一週間以上ないようなひどい症状は無くなったような気がします。
相性もあると思いますが、おなかや腸関連で困ったことのある人は、本当に手軽なので試しに飲んでみてもいいんじゃないかなと感じました。

便通が改善されました

32歳の主婦ですが、近頃排便がなく悩まされており週に1度出るかどうかのレベルで苦しまされていたのですが、ママ友がこちらの商品を勧めてくれて試しに飲んでみることにしました。

錠剤には苦手意識があったのですが、粒は小さめでしたしほのかなレモン風味で苦痛に感じず美味しく飲用することができました。
ビフィズス菌(ロンガム種)など便通解消に効果的な成分が多数含まれていることもあり、今までは1週間に1度出ればよかった便通が2日に1度は必ず出るようになり効果に驚いています。

強力な効き目でお腹をサポート「ヘルスエイド・ビフィーナエクセレント」

・年齢:29
・性別:女性
・感想:同じヘルスエイドのビフィーナRを服用しているのですが、会議等のどうしてもお腹のトラブルを起こしたくない日のためにこちらの商品を購入しました。
レギュラーと同じくこちらもとても良い商品で、便通改善によく効いてくれます。
・効果:商品名のとおり効き目はまさしくエクセレントといった印象です。
腹痛が起きたらまずい時など事前に服用しておくこともできます。
・おすすめポイントは?:ビフィーナRよりも多くのビフィズス菌(ロンガム種)を含んでおり、お腹の環境をより良く改善してくれます。

便通がない方もスッキリびっくり!「ヘルスエイドビフィーナEX」の効果

「ヘルスエイドビフィーナEX」はビフィズス菌(ロンガム種)100億個・・、すごいなと思ったので飲んでみることにしました。
私は20代の頃から便秘に悩むようになった39歳女性です。

もしかしたらお腹がゆるくなってしまうかもしれないとちょっと不安でしたが、まったくそんなことはありませんね!
飲んだ翌日から毎日排便があるようになりすごく嬉しいです。
朝からスッキリできるので一日中仕事や家事をしていても楽しいです。お腹のハリをまったく感じなくなりました。

SやRと比べると高価ですが買った意味はあると感じました。
スッキリ感が全然違うんです。便通に悩まされていたのに、まさかこんなにスッキリできるとは思いませんでした。

この「ヘルスエイドビフィーナEX」をすすめたくなる人は、頑固な便秘に苦しんでいる人ですね!

話題の「ヘルスエイドビフィーナEX」を利用したが効果を得られなかった

便通に悩んでいる43歳の男です。
「ヘルスエイドビフィーナEX」で重度の便通が改善されたとネットの口コミを読み、使用してみたのですが、毎日欠くことなく1ヶ月半服用してきましたが、私の便通は改善されませんでした。

私の便通に問題があるのかもしれませんが、購入金額が高かかっただけに、効果を得られなかったことを悔しく思っています。

また明日から「ヘルスエイド ビフィーナ」の半額以下の整腸剤を利用するつもりです。

ビフィーナEXはビフィズス菌(ロンガム種)が100億個なのでお腹がゆるくなりやすい

長年慢性的に便通に悩まされているのでビフィーナシリーズでは最もビフィズス菌(ロンガム種)の配合量が多いビフィーナEXを飲んでみました。

確かに翌朝には排便があり非常に高い効果を実感できたのですが、その後ビフィーナEXを飲むとお腹がゆるくなってしまうということが幾度かありました。

菌量が多いからかどうかわかりませんが、お腹が弱い人が飲むとかなりの確率で下してしまう可能性があるので気をつけた方がいいと思います

お腹とお肌に良いサプリ

30代女性
ヘルスエイドビィフィーナEXは飲んでから5日目くらいで少し効果を感じだしました。

お腹の張りが改善されてきて良い感じです。

1日1包では効果が出なかったので2包飲んでいます。便通なしの日々が慢性化していると少し効きにくいかなと思います。

お腹の調子を優しくて整えたい方へ

私は28歳の専業主婦です。
昔から排便しにくく、お腹の調子も良くありませんでした。

たまたまこの製品を使っている人に勧められて使ってみました。

初めは本当に効果があるのか半信半疑でしたがお腹が痛くなることもなく緩やかに効いてくれました。

お勧めしたいポイントはビフィズス菌(ロンガム種)が生きたまま腸まで届く量が違う所です。

特殊な構造のお陰で元気に腸で活躍してくれるので便通が改善されました。

「ヘルスエイドビフィーナEX」のおかげで便通がすごくよくなりました!

私は現在39歳の男性です。
少し前まであることに悩んでいました。それが便通問題です。

1週間で2回くらいしか排便がないくらいでした。
その結果、おなかはしょっちゅう痛くなるし、おならもくさかったんです。

下剤を飲んでも効かなかったり、さらにおなかが痛くなったりしたので大変でした。
どうしたらよいのか悩んでいた時に、ネットで「ヘルスエイドビフィーナEX」の存在を知りました。

便通がなかなかない方に効果があるとのことですぐに購入して試してみました。
すると、飲み続けること1か月ほどで毎日のように排便できるようになったんです!
今はもう手放すことができません。

 

全体的にいい口コミが大部分を占めています。

ただし、「難を言えば値段がちょっと…」と、やはり価格の高さをデメリットとして挙げる人が少なくないようです。
少しでも安く購入するためにも、ぜひ公式ショップの定期おとどけ便を利用することをおすすめします!

まとめ

シリーズ中もっとも贅沢にビフィズス菌(ロンガム種)が配合された「ヘルスエイドビフィーナEX」をご紹介しました。

ビフィズス菌(ロンガム種)の数が多い分、価格もほかより高いため、できれば「ヘルスエイドビフィーナS」や「ヘルスエイドビフィーナR」を試してから切り替えるのがオススメです。また少しでもお得に購入するために、森下仁丹の公式オンラインショップの定期おとどけ便の利用を前向きに検討してみてくださいね!

\初回はとってもお得な2,980円♪今すぐ!/
button_0581

 

「ヘルスエイドビフィーナR」を比較!購入はAmazon?効果の違い?

ビフィーナ

「ヘルスエイドビフィーナR」について紹介します。
1993年の発売開始から、20年以上ものロングセラーとなっているビフィズス菌(ロンガム種)サプリ、ヘルスエイドビフィーナ®シリーズ。

その中でも、特に初心者に最適といわれるのが「ヘルスエイドビフィーナR」(レギュラー)」です。

現在発売されているシリーズの中では、もっともビフィズス菌(ロンガム種)の数が少ないため、ビフィズス菌(ロンガム種)サプリを飲んだことのない人でも安心してスタートできます♪

ここでは、そんな「ヘルスエイドビフィーナR」のくわしい情報や、ほかのシリーズ商品との違い、最安値で買えるサイトなどについてご紹介していきます!

 

「ヘルスエイドビフィーナR」の基本情報

 

まずは、「ヘルスエイドビフィーナR」がどんなサプリなのかを見ていきましょう。

機能性に関する表示

「ヘルスエイドビフィーナR」は、「機能性表示食品」です。

機能性表示食品とは、事業者の責任において「科学的根拠に基づいた機能性」を表示した食品のことをいいます。

「ヘルスエイドビフィーナR」の機能性関与成分(機能性にかかわる成分)と、届出表示(消費者庁に届け出がされた機能性に関する内容)は以下の通りです。

 

機能性関与成分:ビフィズス菌(ロンガム種)(ロンガム種BB536)25億個
届出表示:本品には生きたビフィズス菌(ロンガム種)(ロンガム種BB536)が含まれます。ビフィズス菌(ロンガム種)(ロンガム種BB536)には腸内フローラを良好にし、便通を改善する機能があることが報告されています。

つまり、「ヘルスエイドビフィーナR」を摂取することで、腸内フローラ(腸内細菌の生態系)を良好になります。便通を改善する機能が報告されてるので期待できますね。

「ヘルスエイドビフィーナR」のおもな効果

「ヘルスエイドビフィーナR」には、研究の結果以下のような効果が報告されています。

排便回数の増加

人を対象とした実験の結果、20億個のビフィズス菌(ロンガム種)(ロンガム種BB536)を2週間毎日摂取したグループでは、もう一方の対照食品を摂取したグループよりも排便回数が優位に増加したことが確認されました。

対照食品を摂取したグループの平均排便回数が、14日中8.0~8.8回だったのに対し、ロンガム種のビフィズス菌(ロンガム種)20億個を摂取したグループでは9.0~10.2回だったとのことです。

腸内フローラの改善

同じく人を対象に2週間行なった実験では、ロンガム種のビフィズス菌(ロンガム種)20億個を毎日摂取したグループの糞便中に含まれる「ビフィドバクテリウム属菌」の数が、もう一方のグループよりも有意に増加したことが確認されました。

ビフィドバクテリウムは、ビフィズス菌(ロンガム種)の代表格ともいえる基準種です。糞便中にその数が多いということは、つまり腸内のビフィズス菌(ロンガム種)も多く、腸内フローラが良好に保たれていると考えられます。

「ヘルスエイドビフィーナR」のすごいカプセル技術とは?

ビフィーナR

このように、便通の悩みを抱える人にはうれしい効果の期待できるビフィズス菌(ロンガム種)ですが、一方で胃酸や熱に弱いため、口から摂取してもうまく腸まで届けられないという問題があります。

それを克服したのが、ヘルスエイドビフィーナ®シリーズ独自のカプセル技術です。

ヘルスエイドビフィーナ®シリーズを製造販売する「森下仁丹」という会社は、社名の通りもともと仁丹を主力商品としていたこともあって、昔から高いコーティング技術を持っていました。その技術をさらに高度化させて、継ぎ目のない「シームレスカプセル」や、さらに進化させた耐熱性の「ダブルプロテクトカプセル」を開発したのです!

こうした丈夫なカプセルによって、中に閉じ込めたビフィズス菌(ロンガム種)の90%近くを生きたまま腸まで運ぶことに成功しました。これこそが、ヘルスエイドビフィーナ®シリーズが長年にわたって支持されている大きな秘訣といえるでしょう。

内容量と価格

「ヘルスエイドビフィーナR」は、現在「7日分・20日分・30日分・60日分」の4種類が販売されています。

7日分(7包) 756円
20日分(20包) 1,620円
30日分(30包) 2,484円
60日分(60包) 4,320円

※価格はいずれも税込み

上記は単品購入した場合の通常価格です。定期的に自宅に届けられる「定期おとどけ便」ではさらにお得になります。

7日分が発売されているのは、シリーズ中「ヘルスエイドビフィーナR」だけとなっていますので、「まずは体に合うかどうか試してみたい」という方は7日分から始めてみましょう!

 

「ヘルスエイドビフィーナR」の口コミ評判

 

コスパは良くありません

私(32歳・男)にとって、決して安い買い物ではありませんでしたが、排便回数が増えるなら安いと思い購入しました。
が、とてもじゃありませんが排便回数は増加したとは言えません。

今でも3日ほどは出ないことが当り前で、何とか絞り出したとしても硬くて小さくて・・、快便とは言い難いのが現状です。

これなら、青汁の方がまだマシなんじゃないの?青汁なら、価格はかなり安いですからね。コスパに関していえば、かなり上回っている気がします。
個人的には、「安物買いの銭失い」ならぬ「高物買いの・・」みたいな感じですかねえ。

いずれにしましても、コスパは決して良くはありませんので、買おうと思っている方は、しっかりと検討してから購入に踏み切ってください。

腹痛よおさらば

私は38歳の男性です。お腹を下してしまう日々。

市販の整腸剤などを飲んでいましたが、症状の改善は見られず、悩んでいた所、友人に「ヘルスエイドビフィーナR」を勧められました。

飲用して、3週間くらいすると今まで食べ過ぎると下していたのに、全く見られなくなりました。

すぐお腹を下してしまうとお悩みの方には「ヘルスエイドビフィーナR」がお勧めです。

とても飲みやすく効果にも大満足です

顆粒タイプなので水と一緒にしっかり流し込めるか不安だったのですが、レモン風味で飲みやすかったしすぐに溶けてくれるのでむせることもなく、助かりました。

最初は本当に効果があるのかなと半信半疑でしたが、1週間前後で3日に1度出れば良かった便通も改善され驚かされました。

「ヘルスエイドビフィーナR」は乳酸菌数が少なめなので効果が少し弱い

ヘルスエイドビフィーナ®シリーズにはレギュラーとSとEXの3種類の乳酸菌量にわかれています。
「ヘルスエイドビフィーナR」はレギュラータイプなので乳酸菌量が25億個程度でシリーズの中ではもっとも低い値です。

そのせいか、始めてビフィーナRを飲み始めた時にはすごく便秘に効果があったのですがしばらくして体が慣れてくるとすぐに効き目が感じられなくなりました。

結局25億個の乳酸菌の「ヘルスエイドビフィーナR」よりもより多めの乳酸菌の50億や100億のものに乗り換えていかなければならないのが面倒だと思いました。

特に変化はありませんでした

友人が定期購入しているみたいなので余った1箱を貰いました。
水と一緒に飲むと書いてあるけれど、そのままでも飲めるらしいのでそのまま飲みました。

味はレモンみたいな何だか酸っぱい味がしました。
半分くらい飲み終わったのですが飲んでみて目に見えた変化は特にありません。
一応貰ったので1箱全部は飲みますが、それまでだと思います。

ほぼ毎日排便するようになりました

37歳の主婦です。

これまで便通には悩まされていたのでネットで評判のよかったこの「ヘルスエイドビフィーナR」を試してみることにしました。
飲用する際はまったく癖がなくとにかく飲みやすいのが助かりました。

ビフィズス菌(ロンガム種)50億個をはじめとして便通を整えるのに魅力的な成分が多数含まれていることから、便通も改善され嬉しいです。

飲み始めてから肌ツヤもよくなってきました。

ビフィーナRはちょっと飲みにくいので苦手です

40代の主婦です。
年齢とともに排便回数が減ってきました。「ヘルスエイドビフィーナR」で便通が改善するために毎日しっかり続けています。

レモン味は美味しくて好きなのですが顆粒状でしかも結構な量を飲む必要があるので、水で流しこむのが結構大変で、むせてしまうときがあります。

もう少し量を減らすか水に溶かして飲めるように工夫してもらいたいです。

まったく効果を感じられなかった「ヘルスエイドビフィーナR」

ネットで評判が良かったことから期待して購入した「ヘルスエイドビフィーナR」でしたが、僕には合わなかったようで、2ヶ月続けても便通が改善されるどころか、使う前よりも排便回数が減ってしまいました。

20歳を過ぎてから排便回数が減り、25歳になった現在は週に1度しか排便がないこともあり、便通には本当に悩まされていました。

評判が良かったので、価格の高さには目をつぶりその効果に期待しましたが、これならば以前使っていた市販の整腸剤の方が効果を感じられました。

どんな商品でもそうだと思いますが、「ヘルスエイドビフィーナR」も人を選ぶ商品だなと思いました。

森下仁丹ということでヘルスエイドビフィーナRは効果がちゃんと出ました

お腹の調子というものは昔からちょっと弱めだったのですが、体質的にヨーグルトがどうも合わないというものがありました。

そこでビフィズス菌(ロンガム種)を効果的に摂取できる森下仁丹のヘルスエイドビフィーナRが良いと聞きまして、それで購入してみることにしました。自分は男性で30代なのですがこういったものを飲んているのが周囲にいないので、最初はちょっと戸惑いましたがそれでも段々と効果が出てきたのでやはり老舗のブランドの商品は安心できるなと思いました。

便通に関しては回数や期間が安定してくるようになったので、通勤なども安心できるようになったのもありがたいです。
お値段も安くて続けやすいのもおすすめポイントだと思います。

ゆっくり効果を実感!お腹に優しいヘルスエイドビフィーナR
39歳女性です。ヘルスエイドビフィーナRは人気がある乳酸菌・ビフィズス菌(ロンガム種)サプリなので飲んでみたいと思いました。
昔から排便がない体質で、病院からもらう薬はお腹が痛くなるので苦手でした。
しかしサプリメントだったら自然と便通が改善するかもしれないと思い飲んでみることにしました。飲み始めて一週間ぐらいはあまり効果を感じられませんでしたが、二週間ぐらい経つと腸がけっこう活発に動くようになり便通が良くなったと感じました。毎日ではないのですが徐々に排便回数が増えるようになったのです。
これは私にとってはすごいことです。一週間スッキリできないこともあったので。お腹のハリに悩まされなくなって毎日が快適になりました。
初めてこのようなサプリを飲む人、ゆっくりと効果を感じたい人にはおすすめですね!

便通を整えたくて。

ダイエットに成功してとても嬉しい気持ちでいたのですが、とても寒さに弱くなり風邪を引きやすくなったり、便の出方に納得いかない日が多くなりました。
病院へ行く程でもなく、どうにかならないものかと調べてみるとまずは便通を整える事が大切だという事が分かりました。

そして親にヘルスエイドビフィーナRを教えてもらい、飲み始めました。
飲み始めた年の冬には風邪で寝込む事がありませんでした。

そして便通も毎日ではありませんが、出た時にスッキリ感を感じられる様になりました。
これからも飲み続けたいと思います。

お腹に優しく安定した効き目「ヘルスエイド・ビフィーナレギュラー」

年齢:29
性別:女性感想:私は幼い頃から過敏性腸症候群を患っており、お腹の調子がすぐに悪くなっていました。
酷い腹痛に悩まされていたのですがこのサプリメントを手にしてから腹痛が減り、調子の良い日々を送ることができました。

効果:このサプリメントによって腸内フローラが改善することができます。

おすすめポイントは?:ヘルスエイドビフィーナRは7包700円、20包1,500円と比較的安価に購入することができるので嬉しいポイントです。

「ヘルスエイド ビフィーナ」で便通が改善されました

年齢とともに排便時にスッキリしない日が続くようになりました。
ヨーグルトなどの乳酸菌が腸に良いと聞いたので効率的に摂取できる「ヘルスエイド ビフィーナ」を飲んでみることにしました。

顆粒状の乳酸菌がスティック状に包装されているので一回ぶんの摂取目安がわかりやすく、いつでもどこでもサッと飲むことができて便利です。

ビフィーナを飲み始めて一週間程度で毎朝排便されるようになりました。
今はお腹の張りもなくなって毎日快適です。便通が解消すると体も軽くなったようです。

 

「ヘルスエイドビフィーナS」と効果の違いはある?

ヘルスエイドビフィーナ®シリーズ中、一番人気といわれる「ヘルスエイドビフィーナS」との違いを比較してみました。

 

「ヘルスエイドビフィーナS」

ビフィーナS

「ヘルスエイドビフィーナR」

ビフィーナR

ビフィズス菌(ロンガム種)の配合量 50億個 25億個
1包あたりの栄養成分 1包(1.4g)当たり
エネルギー:5.1kcal
たんぱく質:0.16g
脂質:0.41g
炭水化物:0.84g
食塩相当量:0.0012g
1包(1.2g)当たり
エネルギー:3.3kcal
たんぱく質:0.093g
脂質:0.24g
炭水化物:0.81g
食塩相当量:0.00069g
価格(単品購入時) 30日分:3856円
→初回購入時のみ2980円(23%OFF)60日分:7344円
→初回購入時のみ5875円(20%OFF)
7日分:756円
20日分:1620円
30日分:2484円→初回購入時のみ1980円(20%OFF)60日分:4320円
→初回購入時のみ3456円(20%OFF)
価格(定期おとどけ便) 30日分:3084円60日分:5875円 30日分:1987円60日分:3456円

※価格はすべて税込み
※森下仁丹の公式ONLINE SHOPでの販売価格

「ヘルスエイドビフィーナS」には、Rの2倍にあたる50億個のビフィズス菌(ロンガム種)が含まれています。ちなみにSとRのほかには、シリーズ中もっとも多い100億個のビフィズス菌(ロンガム種)が含まれた「ヘルスエイドビフィーナEX」も販売されています。

これらのおもな違いは配合されるビフィズス菌(ロンガム種)の数だけで、ほかの成分に違いはありません。もちろん、ビフィズス菌(ロンガム種)を生きたまま腸まで届ける独自のカプセル技術が採用されている点も同じです。

 

シリーズ中、「ヘルスエイドビフィーナS」はちょうど真ん中にあたる50億個のビフィズス菌(ロンガム種)が含まれていることもあって、定期おとどけ便の利用数がナンバーワンとなっています。

一方、「ヘルスエイドビフィーナR」はもっともビフィズス菌(ロンガム種)の数が少ないため、初めてビフィズス菌(ロンガム種)サプリを始める方にオススメです。ビフィズス菌(ロンガム種)の数が多いほど価格も高くなりますので、まずはRからスタートして、様子をみながらSやEXへの切り替えを検討してみましょう。

 

疑問を解消!「ヘルスエイドビフィーナR」のQ&A

ここでは、初心者の方が気になる「ヘルスエイドビフィーナR」のQ&A」をまとめてみました。

定期おとどけ便はどれぐらいお得?

ビフィーナR上でご紹介した表を見てもわかるように、ヘルスエイドビフィーナ®シリーズは定期おとどけ便がお得です。

森下仁丹の公式オンラインショップでは、定期おとどけ便にするといつでも商品代が20%OFFになるほか、送料も毎回無料となります。

さらに、定期おとどけ便以外の森下仁丹の商品を購入する際に10%割引を受けられるのもうれしいポイントです♪

さらにさらに、1回のお届け個数を3個以上にした場合、割引率が「20%OFF→23%OFF」にアップします!

「でも定期便って、1回始めたら○ヶ月は続けなくちゃいけないという決まりがあるのでは?」と心配される方もいるかもしれませんが、森下仁丹の定期おとどけ便は回数にかかわらずいつでも解約OKです。もし体質に合わなかった場合でも安心ですね。

また、お届け日の変更やキャンセルも簡単にできますし、お届け間隔も「毎月・隔月・3ヶ月ごと」から自由に選べます(1回につき3個以上の購入の場合は、半年ごと・9ヶ月ごとも選択可能です)。

返金保証はありますか?

残念ながら、ヘルスエイドビフィーナ®シリーズには返金保証の制度はありません。

ただし、「ヘルスエイドビフィーナR」には7日分が販売されていますので、体に合うかどうか心配な方は、まずそちらから試してみましょう。

7日分で問題がなければ、次は20日分や30日分を買ってみて、「大丈夫そうだな」と思ったら60日分を定期おとどけ便にする、という流れがオススメです!

 

公式・Amazon・楽天・ヤフーショップとの比較

ビフィーナR

「ヘルスエイドビフィーナR」は、いくつかのネットショップで取り扱いがあります。

どこで一番買うのがお得なのか、「森下仁丹の公式サイト・楽天市場・Yahoo!ショッピング・Amazon」の4サイトの価格を徹底比較してみました!(※いずれも森下仁丹の公式ショップです)

 

森下仁丹公式 楽天 Yahoo! Amazon
7日分 756円 なし なし 670円
20日分 1,620円 なし なし 1,375円
30日分 2,484円
→初回1,980円
2,484円
→初回1,980円
2,484円
→初回1980円
2,235円
60日分 4,320円
→初回3,456円
4,320円
→期間限定3,888円
4,320円 3,888円

定期おとどけ便価格

30日分 1,987円(20%OFF) 2,235円(10%OFF) なし なし
60日分 3,456円(20%OFF) 3,888円(10%OFF) なし なし

送料

・1回の注文で5,000円(税込)以上は送料無料。5,000円未満は一律360円。
・ 定期おとどけ便はいつでも送料無料。
・ 初回お試しは5,000円未満でも送料無料。 1回の注文で5,000円(税込)以上は送料無料。5,000円未満は一律360円。 すべて無料
枠内の記事本文

※2017年9月3日現在
※価格はすべて税込み

 

4サイトを徹底比較してみますと、全体的に「公式ショップがもっともお得」という結果になりました。

森下仁丹の公式サイト内にあるオンラインショップでは、30日分・60日分ともに初回購入時に限り特別価格が適用されます。

また、定期おとどけ便は公式ショップと楽天市場のみで申し込めますが、楽天では10%OFFとなっているのに対し、公式ショップでは常に20%OFFとなります。定期便を利用するなら、公式ショップからのほうが圧倒的にお得です!

ただし、7日分・20日分という小容量タイプに関しては、Amazonが最安となっています。送料も無料ですので、まずは少ない量から試してみたい方はAmazonでの購入もオススメです。

 

また、楽天市場およびYahoo!ショッピングを利用するメリットとしては「楽天スーパーポイントやTポイントを使える(貯められる)」という点が挙げられます。ポイントを使って買い物がしたい方には魅力的ですね。

ただし、森下仁丹の公式ショップにも「森下仁丹マイレージポイントサービス」があり、100円の買い物につき1ポイントが貯まります(定期おとどけ便の場合は2倍!)。

貯まったポイントは、1ポイント1円として森下仁丹の公式ショップでの買い物に使えますので、ヘルスエイドビフィーナ®シリーズを継続的に利用される方は、こちらのポイントにも注目してみてください♪

 

まとめ

人気のビフィズス菌(ロンガム種)サプリ、「ヘルスエイドビフィーナR」についてご紹介しました。
「ヘルスエイドビフィーナR」は、シリーズ中もっともビフィズス菌(ロンガム種)の数が少なめですので、ビフィズス菌(ロンガム種)サプリを初めて使う方にも安心です。

もしRで十分な効果を実感できなかった場合は、さらにビフィズス菌(ロンガム種)の配合量が多いSやEXへの切り替えを考えてみましょう。

 

また、「ヘルスエイドビフィーナR」をもっともお得な価格で購入できるのは、森下仁丹の公式ショップの定期おとどけ便です。常に20%割引となりますので、もし体に合うようであればぜひ利用されることをオススメします!

あわせて読みたい

乳酸菌サプリの「ヘルスエイド ビフィーナs」を摂取するメリット

ビフィーナ

 

森下仁丹が販売している乳酸菌サプリメントの「ヘルスエイド ビフィーナS」です。ではなぜ「ヘルスエイド ビフィーナS」はそれほどまでに高い支持を受けているのでしょうか?

 

今回は「ヘルスエイド ビフィーナS」を摂取するメリットについて考えてみましょう。

ヘルスエイドビフィーナs試してレポ♪

人気の記事3選
カテゴリー